日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > YouTuberは“平場のトークに弱い”?

YouTuberは“平場のトークに弱い”? 丸山礼『ANN0』パーソナリティー抜擢の不安要素 

文=日刊サイゾー

YouTuberは平場のトークに弱い? 丸山礼『ANN0』パーソナリティー抜擢の不安要素 の画像1
ワタナベエンターテインメント公式サイトより

 ものまねタレントで人気YouTuberの丸山礼が、『オールナイトニッポン0(zero)』のパーソナリティーを務めると発表された。ものまねもさることながら、丸山の主戦場はYouTube。『丸山礼チャンネル』の登録者数は84万人を超え、動画の総再生回数は1億回にものぼっている。

「丸山はワタナベコメディスクールで首席をとり、16年にワタナベエンターテインメントに所属になりました。その時点ですでにYouTubeを初めており、“会社の先輩”や“韓国のYouTuber”など、ニッチなものまねを披露していました。その後、ASMRや大食いなどYouTubeのトレンドをいち早く取り入れた動画をあげ続け、登録者数を増やしていきました。なので“タレント”というより、“芸能事務所に所属するYouTuber”というほうが近い気がします」(バラエティ番組構成作家)

 YouTuberからテレビタレントに進出する例は近年増えており、ヒカキンや水溜りボンド、フィッシャーズ、ヴァンゆんなどは現在バラエティ番組などでもよく見る面々だ。しかし、その評価はまちまちな様子。テレビ局関係者はこう語る。

「やっぱりYouTuberは平場でのトーク力がちょっと弱い。“芸人じゃないんだから”と言われればそれまでですが、例えば水溜りボンドはもともと芸人ですけど、喋りがイマイチ。彼らは、それこそ『ANN0』のレギュラーパーソナリティーですが、期待はずれだったという声は多い。別の曜日には霜降り明星やファーストサマーウイカ、Creepy Nutsなど“しゃべり”にめっぽう強い面々が並んでいるので、余計に水溜りボンドのつまらなさが際立ってしまっています。フィッシャーズやヒカキンも、テレビで見ると語彙力の乏しさが目につきます。正直、タレントとして残りそうなのは、かわいくて喋りも達者なヴァンゆんのゆんさんくらいかなと思う」(テレビ局関係者)

 “YouTuberは平場でのトークが弱い”そんな懸念事項を丸山は覆すことができるのだろうか?

「丸山もネタ番組などに出演していますが、正直YouTubeで見たほうが面白いと言う人は多い(苦笑)。自分で企画を考えて編集もやるYouTubeは、究極の自己プロデュースの場だと思うんです。そこでヒットする人は稀有な才能を持っていると思うけど、一方でテレビやラジオは現場の舵は主に演出やディレクターに任されているわけで、タレントは素材。つまり“他者プロデュース”とも言えるんですね。だから、必ずしもYouTuberが力を発揮できるとは限らない。テレビでのフリートークが少々弱い丸山ですが、ラジオは話術を鍛える場になるかもしれないですね」(構成作家)

 YouTubeもテレビ・ラジオもイケる二刀流タレントの素質はありそうな丸山。『ANN0』での“バズり”に期待したいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/14 22:00

YouTuberは“平場のトークに弱い”? 丸山礼『ANN0』パーソナリティー抜擢の不安要素 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真