日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 渡部の復帰めぐるテレビ局の争奪戦

渡部建の復帰をめぐり、日テレとフジが争奪戦!『笑ってはいけない』と『向上委員会』どちらに軍配?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

渡部建の復帰をめぐり、日テレとフジが争奪戦!『笑ってはいけない』と『向上委員会』どちらに軍配?の画像1
アンジャッシュ

 不倫が取り沙汰され活動自粛中のアンジャッシュ渡部建が、大晦日恒例の日本テレビ系『笑ってはいけない』シリーズで復帰する可能性があると、『週刊女性PRIME』が報じた。

 記事によると、今年の『笑ってはいけない』はコロナの影響もあり、都内のスタジオで撮影するとのこと。そこに渡部が出演し、コントで禊をさせる計画があるという。

「渡部さんが出演するにしても、サプライズ的なものになるだろうし、放送当日まで公式な形で出演情報が出てくることはない。もしも、実現したら相当話題になるとは思いますけどね」(テレビ局関係者)

 その一方で、フジテレビが渡部の復帰を狙っているとの情報もある。『さんまのお笑い向上委員会』がYouTubeにチャンネルを開設し、そこで明石家さんまがお騒がせ芸能人の自宅訪問をする企画が進行中だという。

「さんまさんが自身のレギュラーラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で話していた計画です。さんまさんは、このラジオで情報解禁前の番組内容なんかとよくポロッと話すので、そこそこ現実味がある話だと思いますよ」(お笑い事務所関係者)

 ここで名前があがるのが渡部だ。『さんまのお笑い向上委員会』でもことあるごとに渡部のネタをイジり続けており、“前フリ”もばっちりできている。つまり、日本テレビとフジテレビによる、渡部建“復帰の場”をめぐる争奪戦が勃発しているというわけだ。

「渡部さんの場合、不倫ということでイメージが悪いものの、何らかの犯罪を犯したわけではなく、本人さえ開き直ることができればバラエティ番組でもネタにしやすい。雨上がり決死隊の宮迫さんのように事務所とトラブルになっているわけでもないし、復帰することに対する障壁は意外と低いんです。面白く復帰させる方法もあるし、なおかつ話題性も大きいので、いろいろな番組が“ウチで復帰させたい”と手を挙げるのも当然の流れです」(前出・テレビ局関係者)

 では、渡部の復帰の場として、より現実的なのはどの番組なのだろうか。

「仮に『笑ってはいけない』と『向上委員会』の両方に出るとしたら、まずは年末のどこかで『向上委員会』のYouTubeに出て、その後大晦日の『笑ってはいけない』に出る、というのがリアリティーのある流れです。単純に放送タイミングでそうなるしかないし、一旦YouTubeでワンクッション入れてから地上波復帰というのも悪くない。あとは、相方である児嶋さんのYouTubeに出て、しっかり謝罪するということもあると思います」(前出・お笑い事務所関係者)

 いずれにしろ、世間を騒がせた渡部の復帰が迫っているのは間違いなさそうだ。

最終更新:2020/11/19 18:00

渡部建の復帰をめぐり、日テレとフジが争奪戦!『笑ってはいけない』と『向上委員会』どちらに軍配?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真