日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB48紅白落選で櫻坂叩き開始

AKB48紅白落選は櫻坂46のせいか? いわく付きの“初出場”にAKBファンから大ブーイング

文=日刊サイゾー

AKB48紅白落選は櫻坂46のせいか? いわく付きの初出場にAKBファンから大ブーイングの画像1
櫻坂46(公式サイトより)

 大晦日に放送される『第71回紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。2019年まで11年連続、通算12回出場していたAKB48が落選となった。

 NHKは落選の理由について「総合的な判断」と説明。今年は3月にシングル『失恋、ありがとう』、7月に配信シングル『離れていても』をリリースしているが、新型コロナウイルスの影響で大規模な握手会は軒並み中止となり、これまで通りの活動ができていなかった。

「今でもシングルの連続ミリオンセールスは続いていますが、知名度の高いメンバーもどんどん卒業して、かつての勢いはまったくない。時代の流れですね。仕方ないと思います」(音楽業界関係者)

 その一方で、今回“初出場”となったのが、今年10月に「欅坂46」から改名した「櫻坂46」だ。

「今年は平手友梨奈の脱退にまつわるゴタゴタや“イジメ疑惑”、卒業したメンバーのスキャンダルなどもあり、まともに活動できていません。改名後初のシングルが12月9日にリリースされますが、櫻坂46が紅白に出られるくらいの活躍をしていたかと言われれば、正直疑問が残る。欅坂46時代の実績があるとはいえ、“初出場”にふさわしいとは思えない」(レコード会社関係者)

 そんななか、AKB48のファンの間では不穏な動きもあるようだ。

「櫻坂46が紅白に出場したから、AKB48が弾き出されたのではないか……と、櫻坂46のせいでAKB48が落選したと考えるファンも多い。櫻坂を叩くファンもいますね。たしかに、スキャンダルが多くて、改名したばかりのグループが紅白に出るというのは不自然なことだし、実績が評価されるのであれば、AKB48が出場してもおかしくない。ファンにしてみれば納得できないことばかりなんです。そんな動きに対して、櫻坂46ファンも黙っていないわけで、抗争でも始まっちゃいそうな雰囲気です」(同)

 もしも、櫻坂46が“実績”を評価されて出場するというのであれば、櫻坂46名義の新曲ではなく、欅坂46の楽曲を歌うべきだという声もある。

「欅坂46の曲を歌ったら、“なんのための改名だったのか?”などと、いろいろな方面からブーイングも出てきそうですね。おそらく新曲を歌うと思うのですが、それもそれで“ヒットしていない曲を歌うのか”と叩かれそう」(同)

 いろいろといわくつきの“初出場”となった櫻坂46だが、当日はどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/19 12:00

AKB48紅白落選は櫻坂46のせいか? いわく付きの“初出場”にAKBファンから大ブーイングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真