日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ぺこぱ”誰も傷つけないツッコミ”の本質とは

大人気ぺこぱ、”誰も傷つけないツッコミ”の本質を元芸人が分析! 『M1』優勝の鍵・シュウペイの覚せい

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

所属事務所プロフィールページより

 漫才……ボケとツッコミという二つの役割で構成され、その起源である平安時代に発祥した”萬歳”という伝統芸能の頃から、その図式は変わらない。

 ツッコミの役割は。ボケの間違いを指摘することで観客に笑いどころを示し、言葉だけではなく、肩や頭を叩いて表現する。ほとんどの芸人はこのツッコミの型を守り、その中で個性を主張してきた。

 しかしこれまでのお笑いの歴史の中で、型にはまらず王道ではないツッコミをする芸人が、時々出現する。

 僕の同世代では、相方への愛情をベースとし、淡々とした口調で突っ込む『おぎやはぎ』や、優しい口調と聞き取れないくらいの小声とたっぷりの間で突っ込む『スリムクラブ』などがいる。

 では今の若手芸人の中で、型破りなツッコミ異端児と言ったら、だれだろうか。僕が真っ先に思いつくのは『ぺこぱ』だ。

 ご存じの通り、ベタすぎるボケのシュウペイに対し、松陰寺(太勇)がそれを否定することなく、ポジティブに肯定する形。調べたところ、本人たちはこのスタイルを”ノリ突っ込まないボケ”と表現している。

『M-1グランプリ2019』で、”誰も傷つけない優しいツッコミ”を武器に、ほぼ無名の状態で決勝へ上がり、第3位の成績になったのは本当に凄い。

 この誰も傷つけない漫才が、なぜこれほどまで世間に受け入れられたのか。それはまさに今の時代にマッチしているからだろう。

 今や数々の番組に引っ張りだこの『ぺこぱ』だがその半面、短期間で人気になった芸人が一番恐れていることは、その人気が一過性のものですぐに終わってしまうということだ。俗にいう”一発屋”である。

 果たして『ぺこぱ』も一発屋で終わってしまうのか――。

123

大人気ぺこぱ、”誰も傷つけないツッコミ”の本質を元芸人が分析! 『M1』優勝の鍵・シュウペイの覚せいのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

里咲りさ×吉野七宝実スペシャル対談

今回ご登場いただく対談相手は、あの「干物グラビア」が大バズりした吉野七宝実さん。所属して...
写真