日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 芦田愛菜がまさかの「ポスト池上彰」大本命!?

芦田愛菜がまさかの「ポスト池上彰」大本命!? 小学生時代から仕事と学業を両立する超人

文=日刊サイゾー

芦田愛菜所属事務所プロフィールページより

「いい質問ですねぇ!」などのキラーフレーズで知られるジャーナリストの池上彰氏といえば、今や高視聴率番組には欠かせない売れっ子ジャーナリストでもある。

 テレビ誌編集者は語る。

「テレビ不況の中、多くの大物芸能人も番組の出演ギャラは下がっていますが、池上さんに関してはうなぎ上り状態です。今ではみのもんたさんや古舘伊知郎さん、宮根誠司さんら大物司会者を超えて、1本300万円とも言われています」

 そんな超売れっ子の後継者である“ポスト池上彰”として業界内で注目を集めているのが、あの女優なのだという。

「芦田愛菜さんですよ。天才子役として活躍してきた一方で頭も良く、大の読書家としても知られています。小学生の時には学業との両立を見事に成功させて、難関の慶應義塾中等部に合格。現在も慶應義塾女子高等学校に通っています。池上さんとは特番などですでに共演していますが、彼女の秀才ぶりや気になったことがあればカメラのテープチェンジの最中にも質問をぶつけてくる知識欲、向上心の強さを絶賛していますからね。他方、芦田さんも、将来的には池上さんのような仕事がしたいというあこがれれもあるようです」(番組制作会社スタッフ)

 実際、こんな話もある。

「じつはだいぶ以前に、芦田さんの所属事務所の関係者から局サイドに対して、コメンテーターの売り込みがあったんですよ。当時はまだ中学生ということで労働基準法の観点から夜のニュース番組への出演は厳しく、お昼の情報番組も授業と時間帯がかぶるし、夕方のニュース番組に関してはウチの局が当時それほど力を入れていなかったという背景もあり、芦田さんのコメンテーターデビューは、実現しなかったんです。ただ、彼女は頭も良いし、知名度や話題性もあって、確かに面白い。将来的な起用も考えていたはずです」(民放テレビ局の編成担当)

 高校生となった現在、10月から公開されている映画『星の子』では主演を務めるほか、数多くのCMにも出演し、バラエティ番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)では司会も担当するなど、女優、タレントとして引っ張りだこ。人気コメンテーターとして活躍する日も、そう遠くなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/25 21:00

芦田愛菜がまさかの「ポスト池上彰」大本命!? 小学生時代から仕事と学業を両立する超人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真