日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 元読売テレビ森たけしアナ、関西ラジオ界で「顔」になるか?

元読売テレビ森たけしアナ、関西ラジオ界で「顔」になるか? 深刻なラジオMC・高齢化問題

文=日刊サイゾー

元読売テレビ森たけしアナ、関西ラジオ界で「顔」になるか? 深刻なラジオMC・高齢化問題の画像1
森たけしオフィシャルブログ『いつもゆるゆる』より

 今年春に読売テレビを定年退職、フリーに転身した森たけしアナウンサーが関西のラジオ局・MBSラジオで冠番組をスタートさせることが先日、発表された。

『ズームイン!!朝!』『朝ナマワイドす・またん』などで、長年、読売テレビの「朝の顔」として活躍してきた森アナ。

「こてこての関西弁でしゃべり続けているので、視聴者の中には、タレントなのか局アナなのか見分けがついていない人も多数、いたと思います」(同局関係者)

 12月3日から新たに立ち上げる『スカタンラジオ』もトークを軸に1時間番組として展開するというが、関西のラジオ局で仕事をする制作スタッフからは「ようやく“世代交代”へとつながらう新たな“顔”が生まれるかも」と期待を寄せている。関西・関東を問わずラジオ界ではパーソナリティの「高齢化」が近年、問題になっているからだ。

「例えば、MBSでは長年、午前中の番組を担当してきた浜村淳が来年1月で86歳。体調的にもいつ、降板したっておかしくない年齢ですが、それでも代わりが育っていないから続けざるを得ないのです。東京でもTBSラジオの朝の顔を務める森本毅郎さんは現在81歳と、こちらも高齢。実際、森本さんは2019年11月、本番中に体調不良を訴えて途中で退席する事態が起こっています。コロナ禍の巣ごもりでメディアとしては再び脚光を浴びているラジオですが、しゃべり手の世代交代は周りが思っている以上に緊急を要する課題」(同)

 森アナは、現在61歳になろうという年齢。フリートークが得意なアナウンサーとして関西ラジオ界をけん引できるか注目したい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/25 14:00

元読売テレビ森たけしアナ、関西ラジオ界で「顔」になるか? 深刻なラジオMC・高齢化問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真