日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 加藤綾子掌返しで「私、アナウンサー」宣言!

加藤綾子、掌返しで「私、アナウンサーだから」宣言! 番組の女帝化は崖っぷちが理由か?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

加藤綾子、掌返しで「私、アナウンサーだから」宣言! 番組の女帝化は崖っぷちが理由か?の画像1
加藤綾子

 自身がMCを務めるフジテレビの夕方のニュース番組『Live News it!』が、前番組の『直撃LIVEグッディ!』の打ち切りにより9月末から『Live News イット!』にリニューアルされた加藤綾子アナウンサー。

 同時期には「週刊文春」(文藝春秋)で“女帝化”が報じられるなど、相変わらず話題は尽きない。

「『文春』の記事では番組リニューアルにあたり、フジテレビ時代の同期である榎並大二郎アナが新たに加わった人事について、『加藤アナの意向が働ている』といった内容が掲載されていました。ただ、“女帝化”というよりは、それだけ崖っぷちに立たされているといった見方の方が正確でしょう。加藤アナに関しては、局アナ時代の功績からフリー転身後もフジ上層部からは目を掛けられていますが、相変わらず同番組は視聴率的に苦戦しており、同局の経営不振も重なって、そうした効力も薄まりつつある。今回、榎並アナがMCに加わったことで番組の打ち切りだけではなく、メインMCの交代という新たな選択肢が生まれたというのが、業界内の大方の見方です」(民放テレビ局の情報番組スタッフ)

 最近では、同世代で同じく人気局アナとして活躍していた田中みな実アナのブレークもあり、かつての“スーパー綾子”の威光にも陰りが見えはじめている観もあるが、大手芸能事務所のマネジャーはこう語る。

「近年の加藤アナの迷走の裏には、所属事務所サイドとの意見の食い違いもあるようです。そもそも加藤アナの所属事務所は篠原涼子さんや谷原章介さんら俳優を多く抱える事務所で、所属当初は加藤アナに関しても女優業などアナウンサー業務以外の仕事も積極的に挑戦させるスタンスでした。加藤アナ本人も、そうした事務所を選んだことでも分かるようにはじめはそのつもりだったのですが、途中から『やはり私はアナウンサーだから』と態度を変えたとか。結果的に現在は夕方のニュース番組の看板MCという立場に収まっていますが、けっして事務所サイドの売り出し戦略に沿う形ではないようですね」

 崖っぷちの女帝は、どのような逆襲を見せてくれるのか?

最終更新:2020/10/24 19:00

加藤綾子、掌返しで「私、アナウンサーだから」宣言! 番組の女帝化は崖っぷちが理由か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

TKO・木本、謝罪会見で復活アピールも…

 昨年7月、7億円の投資トラブルが発覚して、...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真