日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 宮崎駿監督への「キメハラ」で「FLASH」に批判殺到!

宮崎駿監督へ“キメハラ”した「FLASH」のおかしさ…『ナウシカ2』実現なら『鬼滅』の記録を抜き返せる?

文=日刊サイゾー

宮崎駿監督へキメハラした「FLASH」のおかしさ…『ナウシカ2』実現なら『鬼滅』の記録を抜き返せる?の画像1
すでにポニョは超えた!(写真/GettyImagesより)

 まさか、アニメ界の巨匠に“キメハラ”をかますとは……。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開からわずか24日で、興行収入が204億円を突破。興行収入の日本記録を持つ01年公開の宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』の308億円に迫る勢いとなっている。

 そんななか、11月10日発売の「FLASH」(光文社)が宮崎監督を直撃した。

「記者は自宅周辺でゴミ拾いをしている宮崎氏に、『鬼滅の刃』の興収が『千と千尋の神隠し』に迫っていることについて直球質問。宮崎氏は『まあ、僕には関係ないことだと思います』と一蹴し、『鬼滅』も観ておらず、興行成績にも興味がないと語っています。もっとも、『鬼滅』が『千と千尋』超えの勢いであることは知っている様子。映画人としては、テレビアニメの劇場版と比較されたくないと思っているのではないでしょうか。とはいえ、17年に製作を発表した『君たちはどう生きるか』は、人生訓がテーマで、おそらくはエンタメ色が薄い。過去の作品ほどのヒットが望めるかどうか」(エンタメ誌ライター)

『鬼滅』が社会現象化したことで、昨今では「まだ観てないの?」と聞かれることを「キメハラ(鬼滅ハラスメント)」と呼ぶそうだが、まさにそのまんまな企画である。

 そのため、ネット上では「よくこんな失礼な事できるな」「聞きに行く人も無神経」「嫉妬で妬ましくてたまらないと答えたら満足なのか」「鬼滅大ファンだよとでも言うと思ったのか」と、「FLASH」への批判コメントが連打される始末だ。映画ライターが言う。

「たとえ『鬼滅』に抜かれたとしても、宮崎監督が『風の谷のナウシカ2』を手掛ければ、あっという間に抜き返してしまうでしょうね。コロナ禍で映画の公開延期が相次いだ3月後半、劇場からの要望に応える形で、『ナウシカ』をはじめとするスタジオジブリの旧作が全国で上映され、映画館を満席にしました。ただ『ナウシカ』の原作マンガは全7巻あり、映画はそのうちの1~2巻部分までしか描かれていません。2019年末に、それ以降の内容が歌舞伎で上演されましたが、チケットはたちまち完売するほど世代を超えて愛されています。仮にほかの監督になったとしても、原作の最終回まできっちり、世に送り出す責任がある作品だと思いますよ」

宮崎監督が『鬼滅』に対抗心を燃やしてくれれば、アニメファンは大喜びしそうだが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/13 21:00

宮崎駿監督へ“キメハラ”した「FLASH」のおかしさ…『ナウシカ2』実現なら『鬼滅』の記録を抜き返せる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真