日刊サイゾー トップ > 芸能  > 伊勢谷被告の初公判で明らかになった事実

伊勢谷友介被告の初公判で明らかに! 傍聴記者が語る大麻にどっぷりハマった理由

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

伊勢谷友介被告の初公判で明らかに! 傍聴記者が語る大麻にどっぷりハマった理由の画像1
伊勢谷友介

 大麻取締法違反(所持)罪に問われた俳優の伊勢谷友介被告の初公判が1日、東京地裁で行われ、伊勢谷被告は起訴内容を認めた。検察側は懲役1年を求刑し結審。判決は22日に言い渡される。

 各メディアによると、被告人質問では「大麻はお酒よりも、翌日への影響が少なかった」、「多くの先進国で医療用として認知されており、(違法性への)認識が甘くなった」などと説明。

 事件を起こしたことによる損害賠償で個人資産の大半を失い、俳優業再開の見通しも立っていない現状を明かしている。

 検察官から「二度と大麻に手を出さないと誓えるか」と聞かれると「はい、誓えます」とはっきり回答したというのだが……。

「20代後半に、大麻が合法のオランダ・アムステルダムで初めて大麻を使用してから常習。いくら酒よりも体に害がないと言われているとはいえ、まさか、それを実践しているとは思わなかった。日本では違法という認識も甘かったようだし、入手ルートである知人については何も明かさしていません。芸能関係者からは、“日本にいると再犯の恐れが高く、大麻が合法な国に移住するのがベストでは”という声も聞かれています」(傍聴した記者)

 公判で伊勢谷被告は、2019年1月から秋ごろまで大麻をやめていたが、その後、常習的に使用を再開したことを明かした。そこで気になる使用再開のタイミングだが、どうやら、あの美女との破局が転機だったようだ。

「16年4月に熱愛が報じられていたモデルの森星とはちょうど、昨年の秋ごろに破局。大麻も一度は森の説得でやめたものの、別れたことがきっかけで使用を再開したようです」(芸能記者)

 森と別れていなかったら逮捕されることはなかったかもしれないが、傷心がきっかけならば結局また再開してしまう可能性もある。心身を鍛えるか、なんらかのケアが必要そうだ。

最終更新:2020/12/02 12:00

伊勢谷友介被告の初公判で明らかに! 傍聴記者が語る大麻にどっぷりハマった理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真