日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 小倉智昭、日本サゲに批判殺到

小倉智昭、韓国アイドルと比較で日本サゲ? 『とくダネ!』に批判殺到「日本人をバカにしてる」

『情報プレゼンター とくダネ!』フジテレビ公式サイトより

 12月8日に放送された『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)でのメインキャスターの小倉智昭のある発言が視聴者からの批判を集めている。

 問題となっているのは、番組で韓国の男性アイドルグループ・ENHYPENを取り上げている際の一幕。サバイバルオーディション番組『I-LAND』で選抜された7人で結成されたというグループで、小倉は「いきなり大人気です」と紹介した。

 番組では山﨑夕貴アナウンサーがENHYPENのメンバーにリモートインタビューを行い、その様子がVTRで放送された。このVTR終わりには、山﨑アナが「本当にパフォーマンス素晴らしいですもんね」と絶賛。これに小倉も「すごいよ、このグループも」と同意しつつ、「なんで韓国のミュージシャンたちはここまですごいことをやるんだろうって」と感嘆を漏らす場面も。「BTSの新曲がね、アメリカで1位になったじゃないですか。韓国語の歌が1週目で1位になったってはじめてのことなんですよ! 本当に世界の言語になっちゃうんじゃないかってくらい大人気ですもんね」と明かした。

 また、出演していたお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーも「みなさんスタイルいいし、格好いいと思いますね」と話していたが、最後に小倉は笑いながら「道を辿ればほぼ同じだと思うんだけど、なんでこんなに違っちゃったんだろうな」と話していた。

 しかし、小倉のこの発言に視聴者からは、「日本のアーティストのことバカにしてる」「韓国アーティスト褒めるときに日本下げする必要ない」「どうしてここで日本人のアーティストを貶める言葉が出てくるの?」という批判の声が集まっているという。

「実は今年5月6日放送の同番組にも、韓国の新型コロナウイルス対策について取り上げ、『今、日韓関係って非常に悪いじゃないですか』と前置きしつつ、『これがいいきっかけになると思うんで、日本も頭を下げて“よろしくお願いします”と言ってもらいたいなという感じがするぐらい日韓の差が出ちゃいましたよね』と発言していた小倉。新型コロナ対策では、韓国よりも台湾の方が抑え込みに成功していたため、『なぜわざわざ韓国?』『コロナのどさくさに紛れて謝罪しろってこと?』といった困惑を集めていました。今回も、ENHYPENの絶賛だけでなく、わざわざ日本のアーティストを引き合いに出したとも取れる発言だったため、疑問の声を集めてしまったようです」(芸能ライター)

 小倉の言い分に多くの視聴者が疑問の声を寄せていた。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/12/09 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed