日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宮崎謙介氏が告白!デーブ・スペクターの「神対応」とは?

宮崎謙介氏が告白!不倫騒動の裏でデーブ・スペクターが取っていた「神対応」とは?

文=日刊サイゾー

「確認中」宮崎謙介氏が告白!不倫騒動の裏でデーブ・スペクターが取っていた「神対応」とは?の画像1
宮崎謙介オフィシャルブログより

 11月27日配信の『文春オンライン』(文藝春秋)で、4年ぶり2度目の不倫を報じられた元衆院議員の宮崎謙介氏。29日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に妻で元衆院議員の金子恵美氏と出演すると、“心の浮気でなければOK”という「金子境界線」により“無罪放免”に。同じ不倫で活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建がうらやむような「許され力」を発揮している。

 宮崎氏は自身が連載コラムを持つ12月8日発売の「アサヒ芸能」(徳間書店)にて、メディアに報じられていない騒動の裏側をさまざま告白。中でも興味深かったのは、『サンジャポ』に出演していたデーブ・スペクターの“神対応”ぶりだ。

「宮崎氏によれば、29日の『サンジャポ』に金子が呼ばれていたのは、安倍前総理の『桜の会』問題について語るためだったそう。しかし、宮崎氏の不倫騒動により、その部分がなくなったのみならず、デーブのコーナーまで飛ぶことになったといいます。ところが、デーブはそのことを恨むでもなく、なんと宮崎氏を初めて食事に誘い、金子や子どもと共にホテルのラウンジでランチをしたと綴っています。11月27日の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)では、『文春オンラインをきっかけに、宮崎謙介は名前を宮崎謙スケベに変更』と、得意のダジャレで皮肉っていたデーブですが、これも根底にはスキャンダルを笑い飛ばしてあげようという優しさの裏返しなのでしょう」(芸能ライター)

 時に舌鋒鋭く、時にすべりまくる……デーブがコメンテーターとして支持されているのは、こうした出演者への気配りができる人柄ゆえだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/09 19:00

宮崎謙介氏が告白!不倫騒動の裏でデーブ・スペクターが取っていた「神対応」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

特撮へのオマージュ満載!カナダ映画『サイコ・ゴアマン』

 サイコーにゴキゲンなSF映画が、カナダから...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真