日刊サイゾー トップ > 芸能  > アンジャ渡部のお手本? 不倫を炎上させない要件

アンジャ渡部のお手本に? 宮崎謙介の謝罪でわかった不倫報道を炎上させない“2つの要件”

文=日刊サイゾー

宮崎謙介オフィシャルブログより

 復帰報道後の対応のいい“お手本”となったのではないだろうか。

 アンジャッシュ・渡部建が、12月早々にも謝罪会見を開くのではとの情報が飛び交っている。

 渡部の不倫現場である「多目的トイレ」は、今年の“裏流行語大賞”と言えるほど世間を騒がせたが、謝罪会見もないまま活動休止に入る「逃げ」の一手。

「今になって会見を開こうとしているのも、大みそか恒例の『ガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の特番『笑ってはいけない』シリーズの収録に参加したことがバレたため。世間からは『謝罪が先』とのクレームが殺到し、全カットとなる可能性が出てきていることで、なんとしてもオンエアしてもらい、復帰の足がかりにしたい渡部サイドが、慌てて会見の動きを見せ始めたということでしょう」(芸能記者)

 そんななか、渡部にとってはタイミングが悪いことに、「文春砲」により新たな不倫報道が飛び出してしまった。

「元衆議院銀の宮崎謙介氏が30代女性との不倫していたことが発覚しました。宮崎氏は4年前に不倫の“前科”があることから、女性たちから『どうせまた裏切るよ』『一生直らない病気なんだろうな』『4年ぶり2度目の不倫って甲子園か!』と猛批判を食らうことに。それでも、11月29日の『サンデージャポン』(TBS系)に妻で元衆院議員の金子恵美氏とともに生出演して、謝罪。『行きすぎたコミュニケーションがあった』と釈明しました。金子氏も謝罪を受け入れ、『離婚は考えていない』ことを明言。みごとに火消しして見せました。渡部と宮崎氏の対応で改めてはっきりしたのが、不倫報道後のリカバリーで大事なのは、『即謝罪』と『妻の許し』であること。最近は不倫=犯罪という論調ですが、結局は家庭の問題。この2つがあれば他人がとやかく言うことではないですからね」(週刊誌記者)

 遅きに失した感はあるものの、渡部が謝罪するときには妻である佐々木希の「許し」声明も必須のようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/01 23:00

アンジャ渡部のお手本に? 宮崎謙介の謝罪でわかった不倫報道を炎上させない“2つの要件”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』奇跡のキャスティング

 こんばんは! 宮下かな子です。  4月もあ...…
写真
インタビュー

里咲りさ×鈴木咲スペシャル対談

前回の倉持由香さんとの対談に続き、連載2回目に登場いただく対談相手は、倉持さんの友人でも...
写真