日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 松浦亜弥、電撃復帰を夫が後押し?

松浦亜弥、第3子誕生で電撃復帰はおあずけ? 夫の橘慶太も後押しする“あやや復活”の日

文=日刊サイゾー

松浦亜弥、第3子誕生で電撃復帰はおあずけ? 夫の橘慶太も後押しするあやや復活の日の画像1
松浦亜弥(Getty Images)

 2013年にダンスボーカルブループ・w-inds.の橘慶太と結婚した松浦亜弥。14年には第1子、18年には第2子をもうけたが、このほど第3子が誕生したと発表され、ファンからは祝福の声があがっている。

 11年には子宮内膜症を患った松浦だが、病気を乗り越えて子宝に恵まれたようだ。そこで気になるのが、13年以降表舞台から姿を消した松浦の近況だ。

「完全に子育てに専念しているようで、17年にはアップフロントクリエイトとの専属マネジメント契約も終了しました。一応、橘の個人事務所に籍を置いている形ですが、音楽活動は一切していない。18年に『女性自身』で近影をスクープされてましたが、相変わらずかわいいと評判で“電撃復帰待望論”はずっと言われていますね。音楽プロデューサーからの声もかかっているそうですが、なかなか実現しない。夫との関係も良好だし、子育ても充実しているようで、もう表舞台に興味がわかないのかもしれないですね。山口百恵さんも何度も復帰の可能性を報じられながら、結局は芸能界に帰ってこなかったですしね……」(芸能記者)

 ということは“あやや復活”は絶望的なのだろうか? しかし、そんな彼女の歌手活動を後押ししているのが実は夫の橘だという。

「橘は松浦の歌手としての能力を非常に買っており、『また歌ったほうがいい』と言い続けているんだそうです。今はテレビに出なくてもYouTubeや配信でも音楽をリスナーに届けられるし、やりようはいくらでもある。橘のプロデュースで、配信限定で歌手として復活なんて形もありかもしれないですね。松浦は来年デビュー20周年ですし、なんらかの動きがあるかもしれません」(レコード会社関係者)

 21年2月には、ハロー!プロジェクト“オタク”たちの青春時代を綴ったコミックエッセイの実写映画『あの頃。』が公開される。主人公は松浦亜弥のMVをきっかけにアイドルに夢中になっていくというストーリーだ。ハロヲタたちが待ち望んでいるであろう“あやや復活の日”はいつになるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/10 11:00

松浦亜弥、第3子誕生で電撃復帰はおあずけ? 夫の橘慶太も後押しする“あやや復活”の日のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  猛暑...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真