日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 人気人狼ゲーム「Among Us」、その中身

人狼ゲームAmong UsがDiscordの評価額をも押し上げたワケ…これからの季節にピッタリ!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

2年前のインディーゲームが、なぜ“今”流行?

 

 シンプルでわかりやすいが、その分心理戦が面白い。というのも、ゲーム中に何回かある「投票」によって、インポスターと思われるプレイヤーはゲームから排除される。当然、だれがどの役割なのかはわからないので、判断が誤っている場合も出てくる。ゲーム中での行動をお互いが監視し合い、投票するというわけだ。「李下に冠を正さず」で行儀よくプレイするか、あえての行動で混乱させるかなどの駆け引きが楽しめる仕組み。

 全インポスターが排除されるか、全タスクを完了させることができればクルーメイトの勝利。逆に、クルーメイトとインポスターの数が同じになる、インポスターによる妨害が解決されなかった場合はインポスターが勝利となる。

 もちろん、操作も簡単でスマホだから不利といった要素もない。最新の3Dグラフィックに対応しているゲームでもないので、最上位機種でないと満足にプレイできないといったこともないので安心だ。

 2年も前に配信されているインディーゲームが、なぜ今盛り上がってきているのか? 実際、配信当初はここまでの人気にはなっていなかった。これは2020年を象徴する新型コロナウイルス感染拡大の影響があると言っていいだろう。

 自宅で過ごす時間が増え、その可処分時間をゲームに当てる人が増加した。その結果、ゲーム実況を見る層も増えてきた。こういった状況の中、今年7月にTwitchのストリーマーであるソーダポッピンが取り上げたのがきっかけと言われている。

 ここまで説明してきたように、とにかく実況映えするゲーム設計になっており、「ゲーム観戦」が楽しめる。これが世界的情勢にマッチしたのだ。この流れを受けて、世界的にも有名なストリーマーのニンジャ、ピューディパイも加わり、一気にブームに火がついた。

123

人狼ゲームAmong UsがDiscordの評価額をも押し上げたワケ…これからの季節にピッタリ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

"おひとりさま"にやさしい7人組・BOCCHI。

 デビューライブには100人のファンが集まったのに、次のライブの物販に並んだのは4人...
写真