日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > PS5の購入意欲、意外に低い!?

PS5の購入意欲は意外に低い!? 浮き彫りになるソフト不足とPCの台頭

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

PS5公式サイトより

 新型ゲーム機のPS5とXboxが発売されて約3週間が経過し、ユーザーの反響も出始めてきた。いまだ予約合戦が続いているPS5、取扱店は少ないものの在庫が復活してきている新型Xboxの両者について、調査結果も発表されている。

 まずは気になる本体の売上台数。「ファミ通」(KADOKAWA)調べによる初週の国内推定販売台数は、

●PS5は発売4日間(2020年11月12日~11月15日)で約11.8万台
●Xbox Series X/Sは発売6日間(2020年11月10日~11月15日)で約2.1万台

 という数字を発表している。それぞれの内訳は、以下のとおり。

●PS5:103,901台/PS5デジタル・エディション:14,184台
●Xbox Series X:16,247台/Xbox Series S:4,287台

 生産台数の関係もあるだろうが、PS5はドライブ内蔵版が全体の9割を占めている。デジタル・エディションは本体価格こそ安いものの、すべてのタイトルがダウンロードでの入手となるため、中古ゲームとして売却することができない。中古ゲーム市場がある程度確立されている日本では、この点がドライブ内蔵版の支持に影響している部分もある。

 ちなみに、ファミ通では前世代機のPS4およびXbox Oneの初週の国内推定販売台数も発表しており、以下のとおりとなっている。

●PS4は販売2日間(2014年2月22日~23日)で32万2,083台
●Xbox Oneは販売4日間(2014年9月4日~7日)で23,562台

 PS4とPS5の比較をすると調査期間の差を考慮に入れなくても3倍近い開きがあるためローンチはうまくいってないかのように数字上は見えるが、これはおそらく在庫数の問題だろう。PS4では海外と日本での発売時期が異なっていたため、ローンチ時の在庫がある程度国内にあったためだとファミ通でも分析している。

 新型Xboxは、前世代機とほぼ同様の滑り出しとなった。ただ、調査期間が前回より長く、さらに前世代機は店頭販売を見かけることはレアで、取扱店そのものが都心でもほとんどなかったことを考えると苦戦中と判断されても仕方ない数字だ。

12
関連キーワード

PS5の購入意欲は意外に低い!? 浮き彫りになるソフト不足とPCの台頭のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

韓国ドラマの「少年ジャンプ」的必勝パターン

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデ...
写真