日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 桃鉄最新版、賛否両論の中身は

桃太郎電鉄、年内100万本が見えた!令和最新版でも賛否両論の中身

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

 11月19日にNintendo Switch用ゲームとして発売された『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』。発売初週で50万本超えのセールスを記録している人気シリーズの最新作は、現代風にキャラやUIなどのビジュアルが一新され、オンラインプレイにも対応している。この令和版桃鉄の現状をまとめた。

『桃太郎電鉄』シリーズは、第1作がファミコン用として1988年12月2日にハドソンから発売された。その後、数々のプラットフォーム上でシリーズが展開され、シリーズ累計出荷本数は1,000万本を超えているといわれている。ハドソンは2012年にコナミデジタルエンタテインメントに吸収合併されたため、本作は同社からの発売となっている。

 桃鉄をまったく知らない人は少ないと思うが、簡単にルールを説明しておこう。プレイヤーは、鉄道会社の社長となって、全国各地の土地を入手しながら日本一のお金持ちを目指す。最大4人までプレイができ、最新作ではオンライン対戦にも対応。オンライン対戦時のコミュニケーションはスタンプで行うことができるが、やはり本作はローカルプレイで煽り合いをするのが正しいプレイスタイルと言えよう。

123

桃太郎電鉄、年内100万本が見えた!令和最新版でも賛否両論の中身のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

続々コンサート引退のなぜ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真