日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 宇多丸『ドラえもん2』大酷評!

宇多丸が『STAND BY MEドラえもん2』を大酷評!久しぶりの超絶ダメ出しにファンは歓喜

鋭い指摘にラジオファン喚起。映画関係者はドラ泣き?

 この徹頭徹尾の酷評にネット上では「スッキリした!」「久々のすげぇガチギレ酷評」「酷評してる時が1番おもろい!」という声が上がっていた。また「ここまで酷いと逆に見たくなる」「宇多丸評聞いたらどんなにひどいかあえて見たくなった」と逆に気になってしまったリスナーもいたようだ。

 「アトロク」人気のこのコーナーだが、このところ、酷評する機会が減った宇多丸。人気番組になっただけに、「忖度しているのか?」ともいわれていたが、久しぶりの大酷評に、ファンは溜飲を下げていたようだ。

 この番組に届いた映画の感想メールの8割以上が否定的な意見だったようで、リスナーからの評価も非常に悪いのだが、それにしても怒涛の酷評、『STAND BY ME ドラえもん2』の関係者は“ドラ泣き”してしまうかもしれない。

最終更新:2020/12/13 11:17
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed