日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 清原YouTube始動も周囲冷ややか

清原和博、YouTube始動も周囲は冷ややか…「ますます球界から清原さんは遠ざかる」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

写真/GettyImagesより

 プロ野球、元巨人の清原和博が12日、ユーチューバーとして始動を開始した。この日、YouTubeの公式チャンネル『清ちゃんスポーツ』スタート。約12分間にわたり所信表明を行ったが、その内容を巡って周囲は冷ややかだ。

 PL学園高校からドラフト1位で当時の西武ライオンズに入団会見に出席した同じ日に番組をスタートさせた清原は、黒のTシャツ姿で参加。だが、バックプリントには「留置場で呼ばれた」という「114」の数字が入っていた。本人は「どん底から這い上がる。育成枠から一けたの背番号、もう1回(西武時代の背番号)“3”(や巨人時代の背番号)“5”をもらえるように」と経緯を説明した。

 また、今年6月14日に執行猶予期間が終わってから初仕事が、今回の撮影だったと告白。他のプロ野球OBが開設するYoutube番組をチェックした上で「『違うでしょう』というのがあった。自分の意見を伝えられたらいいなと」と意気込みを語った。ただ、動画を見た球界関係者の多くは「ますます球界から清原さんは遠ざかる」とあきれ顔だ。

「まず、薬物使用で逮捕され、それを忘れないようにという気持ちは分かるが、動画番組一発目で留置場で呼ばれた番号をネタにしていたら、子供たちに示しがつかないでしょ。また、番組を制作、演出する人気ディレクターのマッコイ斉藤氏と思われる人物が、何度も『刑務所に入っていたんですよね』『刑務所メシ企画は?』と犯罪者をイジる言葉を清原さんに投げかけていたことも問題でしょ。本人は『留置場。刑務所には行ってない』と返していたけど、顔は苦笑い。球界復帰を目指すなら、そうした演出はNG。これではバラエティータレントとしてやっていくしかない」(同 )

 毎週水曜、土曜の週2回の夜に更新され、次回はいきなり清原の「とんでもない目標」を発表すると告知。「一番厳しい戦いになると思う」と自ら煽っていたが、番組内容自体が清原にとってプラスかどうかはしばらく見定めてから決める必要がありそうだ。

最終更新:2020/12/14 12:00

清原和博、YouTube始動も周囲は冷ややか…「ますます球界から清原さんは遠ざかる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

『ラップスタア誕生』唯一の女性ファイナリスト

 日本で一番ホットな若手ラッパーを選抜するオーディション番組『ラップスタア誕生』にて...
写真