日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 女性アイドル育成編が『ガチンコ!』すぎる!

『フリースタイルティーチャー』えいたそも汐りんも…ハングリーな女性アイドル育成編はまるで『ガチンコ!』!?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

【完成】『フリースタイルティーチャー』えいたそも汐りんも…ハングリーな女性アイドル育成編はまるで『ガチンコ!』!?の画像1
恋汐りんごTwitterより

 12月9日に放送された『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)を見ると、面白かったのだ。前回からスタートした「女性アイドルラッパー育成編」は、なかなかいいシーズンになりそうな気がする。

アイドルラッパー育成編は番組史上最高のレベルに!

 断言できるのは、今回は今までで最もレベルの高いバトルになるだろうということ。人前に立ち、パフォーマンスしてきたアイドルだけに、このクオリティの高さは当然なのかもしれない。

 嬉しい誤算が1つだけあった。ラップユニットから出場する“ラップ組”メンバーとアイドル然とした“アイドル組”のメンバーではフリースタイルのレベルに差があると予想していたが、どうしてビートのノリ方は全員が素晴らしかった。前シーズンまではビートに乗ることすらできない者もいたが、それは初心者なら仕方のないこと。そういう意味で、さすが音楽を生業にするパフォーマーたちだ。アイドルの地力を見せつけられた。

 各カップルのレッスンを振り返っていこう。まず、えいたそこと成瀬瑛美(でんぱ組.inc) & KEN THE 390ペアから。手始めに、現時点でフリースタイルがどの程度できるか成瀬がケンザの前で披露した。これが凄かったのだ。4分間丸々ノンストップだし、即興で言葉数をトラックに正確に合わせている。リズム感良し、スタミナ十分。でんぱ組.incで鍛えられた驚異のスタミナだ。

「凄い、凄い! 俺が思ってたより全然凄かった。よく笑顔でやりきったなと思って。凄いものを見たなと思いましたよ」(ケンザ)

 この優れた素材に、教え上手なケンザの指導が注入される。「マイクは唇にくっつける」「8小節が終わったら休まないとキツいくらいに熱量を上げる」とアドバイスされると、成瀬のラップは格段に迫力を増した。ちょっとした助言でここまで変わるのだ。

 ちなみに、成瀬は2021年2月のグループ卒業を発表している。当然、相手はそこを攻めてくるだろう。成瀬からしたら、逆にアンサーを用意しやすいということ。

ケンザ 「逆にチャンスなんじゃないかなみたいな。それ踏んできたら全部地雷だくらいのね」
成瀬  「そうです、そうです。むしろ、『言ってみ!』くらいなんで」

 褒め上手のケンザとメンタルの強い成瀬。かなり手強いペアになりそうだ。何しろ、成瀬のフリースタイルを見たケンザは「優勝できそうな気がしてきた」と口にしたのだ。

 risano(lyrical school) & サイプレス上野のレッスンは変則バージョン。サ上の友人の洋服屋へ行き、好きなアイテムを手にとって「なぜ、これを選んだのか」をテーマに2人はバトルを行った。

「リハスタに入って音に乗せてやったほうがフリースタイルも上がると思うけど、そんなことやってる奴らはチマチマしてるだけ! 普通に遊んでることをラップにしたほうがいいんで。俺たちのスタイルは『Have Fun』、楽しく」(サ上)

 しかも、risano VS サ上のバトルはrisanoが圧倒的勝利を収めてしまった。サ上がガチ負けしたのだ。すでに、risanoはHave Funなラッパーだということ。さすが、結成以来ヒップホップ1本で活動してきたlyrical schoolからの刺客だ。逆に言うと、彼女に対する周囲からの期待値、ハードルはかなり高い。

 yukarin(hy4_4yh) & IDのレッスンはかなり実践的だった。意外にもフリースタイルは未経験というyukarinにIDは自らとのセッションを課し、同時にこんなアドバイスを授けている。

「8小節の最後のほうのディスはあんまり拾わないでいいです。っていうのも、7~8小節ってもう自分のターンが来ちゃうじゃないですか。なのに、まだディスを拾おうとしちゃうと絶対そこでモタつくんですね。できれば、1~4小節くらいにアンサーするのが一番簡単」(ID)

 これは、勉強になる! IDはティーチャーとして明らかにステップアップしていた。さらに、セッションを見る限りyukarinの地力もかなり高い。

ID    「最先端を追い続けたフロウ 
だから 俺に付いてくりゃ間違いない 俺以外に敵はいない」
yukarin 「最先端とか全然思ってない 私は昔の事の方が好き
      最先端 追ってる奴って結局ビリになるんだよ 先生知ってる?
      それ RHYMESTERのMummy-Dさんが言ってたんだよ
      私たちの師匠 宇多丸 Mummy-Dが
      そう言ってた 風神 雷神 マジ怪人」

 見たところ、スチューデントの中ではyukarinのアンサーが一番しっかりしているようだ。現時点で総合力が最も高いのは彼女かもしれない。

 さて、問題はLety(BananaLemon) & DOTAMAペアだ。「今シーズンはラップ経験のあるスチューデントばかり」と安心していたら、Letyだけはフリースタイルにかなり手こずっていたのだ。グループでラップパートの作詞を担当する彼女だが、決められた歌詞のラップとフリースタイルはやはり違う。とは言え、彼女がここまで苦戦するとは思わなかったが……。

 そんな彼女に向けて、DOTAMA先生のスパルタ指導が始まった。いきなり竹刀を片手にキャラを発動させたのだ。フリースタイルの途中で言葉が詰まり、「ああ、もうここからなんですよねえ。最後までできない」と弱音を吐くLetyに構わず、竹刀で床を突いてリズム刻み続けプレッシャーを与える。鬼のように詰めまくるのだ。これじゃ、まるで『ガチンコ!』(TBS系)だよ……。

DOTAMA 「今 お前 5小節ぐらい無駄にしたからな
     この5小節 乗りたいラッパーがどんだけいると思うんだ
     この地上波の番組で お前は生徒に選ばれた
     分かるか もう1回言うぞ
     さっきお前が無駄にした 5小節
     乗りたい女の子ラッパー 何人いたと思うんだ
     お前は特別な選ばれた存在 それを理解しろ」

 思わず泣き出してしまったLety。DOTAMAの言っていることはあまりに正論で、彼女自身もわかっているだけに悔しい。実は、BananaLemonの途中加入メンバーでもあるLety。だから、手にしたチャンスの重みは痛感している。ただ、彼女の悔し涙は負けん気の表れとも言える。Letyには伸びしろはあるはずだ。

 それにしても、いきなり生徒を泣かせるDOTAMAティーチャーは期待通りすぎた。竹刀キャラもすっかり板についたし。見た目は一番普通なこの先生が、実は一番ヤバい。

12

『フリースタイルティーチャー』えいたそも汐りんも…ハングリーな女性アイドル育成編はまるで『ガチンコ!』!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

頼朝の死をめぐる謎

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真