日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 草なぎ剛主演作が史上初の快挙に期待

草なぎ剛、主演映画が大好評!史上初の快挙達成の可能性に期待集まる

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

草なぎ剛、主演映画が大好評!史上初の快挙達成の可能性に期待集まるの画像1
2006年の草なぎ剛(写真/GettyImagesより)

 草彅剛の主演映画『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)が大ヒットの兆しをみせている。

 同映画は、男性として生まれたトランスジェンダーの凪沙(草彅)が、親に育児放棄された親戚の少女を預かったことで母性愛が芽生え、“疑似母子”となる切ない物語だ。

 9月25日に先駆け、ウェブ用に制作された予告編が世界最長となる925秒(15分25秒)であることも話題になった。

 当初は全国150館で公開後、口コミで評判が広がり、ロングラン上映が続き、興行収入は公開10週目で6億5000万円を突破。さらに公開規模が拡大し、内田監督による同名の小説版(文春文庫)も累計発行部数が8万部を突破した。

「SMAP時代ならば決して受けなかったであろう作品で、かなギリギリのところを攻めている。もともと、演技力に定評があった草彅でないと出せないようなリアリティーがあった」(映画ライター)

 さらには公開前のタイミングで、草なぎは劇中で演じたトランスジェンダーの「凪沙」として、「週刊文春」(文芸春秋)の巻頭グラビア「原色美女図鑑」に登場。ミニのワンピースやナイトガウンなど5パターンを披露。メイクやスタイリングには、普段の倍以上の2時間をかけたのだとか。

 同コーナーは1989年6月にスタートした長期連載として知られ、旬の女性たちが続々と登場しており業界関係者からの注目度も高い。また、男性が被写体となるのは32年目にして初めてとなったという。

「そんな経緯もあったので、今年度の映画賞レースで期待されているのが、同作での草彅の快挙なんです。演じたのが女性役なので、主演男優賞ではなく主演女優賞にノミネートされる可能性もありそう。もし、受賞すれば日本映画界初の快挙だが、草彅の熱演ぶりを見ればそれも納得するはず」(芸能記者)

 受賞しても「受けるかどうかは微妙なところ」(同)という声も上がるが、ぜひとも旧態依然とした業界に、新風を巻き起こしてほしいものだ。

最終更新:2020/12/21 12:37

草なぎ剛、主演映画が大好評!史上初の快挙達成の可能性に期待集まるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真