日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『M-1』のコロナ対策に疑問視!?

『M-1 2020』のコロナ対策に疑問視!? 飛沫が気になって笑えない人も…

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『M-1 2020』のコロナ対策に疑問視!? 飛沫が気になって笑えない人も…の画像1
M-1グランプリ』公式ウェブサイトより

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)が12月20日に生放送され、マヂカルラブリーが優勝し、16代目王者となった。

「最終決戦では審査員が見取り図、おいでやすこがにも2票ずつ入れる大激戦となりました。しかし、“いかにもな漫才”といえるのは見取り図だけで、マヂカルラブリーが寝転がって小便を巻き散らすネタで1000万円を獲得したことには、眉を潜めた人も多かった。実際、ネット上では『2019史上最高、2020史上最低』『つまらないから票が割れた』と酷評コメントもあり、ネットニュースでも取り上げられました」(芸能ライター)

 さらに、芸人たちのネタ以上に、多くの視聴者が気になっていたのが「飛沫」だった。

「この日は東京で新型コロナ感染者が556人と日曜最多を更新。直前にはお笑いコンビの祇園・木崎太郎も感染し、敗者復活戦を辞退したことが発表されていた。もちろん、決勝の放送を観ると、7人の審査員の間にはアクリル板があり、控室ではコンビ間に壁を作っていたましたが、本番では50センチの距離で大声で叫んでいるのですから、対策に疑問がおこるのも無理はない。ましてや、今回は大声でのツッコミが多かったため、気にする視聴者もいたようです。スタジオには観客も入っており、前列の人たちはマスクをしていたとはいえ、芸人の飛沫が直撃していたはず。MCの今田耕司と上戸彩も出演者の順番を決めるくじを引くたびに接近していました。『24時間テレビ』(日本テレビ系)や大みそかのNHK紅白など、各局がコロナ対策に神経をとがらせている中ですからね……」(業界関係者)

 制作側もギリギリの演出を直前まで試みていたはずだが、コロナの感染拡大防止にナーバスになる人も多い中で、気にする人には笑えなかったのかもしれない。

最終更新:2020/12/23 17:00

『M-1 2020』のコロナ対策に疑問視!? 飛沫が気になって笑えない人も…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

再開発完了の二子玉川、これからどうなる?

 これまで東京都内を中心に、都市計画決定さ...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真