日刊サイゾー トップ > 芸能  > 杏に救われた2つの芸能事務所

杏の大人の対応のおかげで救われた!?  東出&唐田の事務所パワーバランスは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

杏の大人の対応のおかげで救われた!?  東出&唐田の事務所パワーバランスは?の画像1
写真/GettyImagesより

 19日発売の月刊誌「日本カメラ」2021年1月号で新連載で芸能活動を復帰することになった、女優の唐田えりか。今年1月に俳優の東出昌大との不倫が報じられ、芸能活動が休業状態となっていたが……やはりというか、東出の元妻で女優の杏には頭があがらないようだ。

「結局、東出との関係を修復せずに離婚した杏だが、離婚訴訟、さらには、唐田に対して損害賠償請求をすることも選択肢としては可能だった。しかし、杏の実父で俳優の渡辺謙と実母は泥沼の離婚訴訟の末に離婚。両親のようにはなりたくないという思いもあり、3人の子どものことを優先し、訴訟や賠償請求はしなかったようだ。唐田はもし訴えられていたら、引退も考えなければいけなかったかもしれない」(芸能記者)

 杏が所属するのは木村佳乃、佐々木希、中村倫也らが所属する「トップコート」。一方、唐田が所属するのは広末涼子、山口紗弥加、田中みな実アナらが所属する「フラーム」だが、両事務所は杏の“大人の対応”で救われたようだ。

「先日、杏の事務所の松坂桃李と唐田の事務所の戸田恵梨香が結婚。もし、杏と唐田が裁判沙汰になり両事務所の関係が悪化していたら、発表がまだ先になったかもしれない。公開を控える『花束みたいな恋をした』(来年1月29日公開)では、杏の事務所の菅田将暉と唐田の事務所の有村架純がW主演。これも両事務所の関係が悪化していたら、どちらかがプロモーションで稼働しない、というような事態になっていたかもしれない」(映画業界関係者)

 どうやら、杏に頭が上がらない人がたくさんいるようだ。

最終更新:2020/12/26 18:00

杏の大人の対応のおかげで救われた!?  東出&唐田の事務所パワーバランスは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

氷室京介を独自に更新した DEATHRO

 ライブハウスのみならず、公園、レストラン、バー、市民会館、うどん屋、ダムなどをスタ...
写真