日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > たけしがめった切りにしたのはマヂラブだけじゃない!?

たけしがめった切りにしたのはマヂラブだけじゃない!? 的確なダメ出しに賞賛の声も

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

たけしがめった切りにしたのはマヂラブだけじゃない!? 的確なダメ出しに賞賛の声もの画像1
写真/GettyImagesより

『M-1』の審査員席にこの人が座っていたら、優勝者は変わっていたかもしれない?

 12月23日深夜に放送された『ビートたけしの公開!お笑いオーディション』(TBS系)で、タレントのビートたけしが今年のM-1王者をメッタ斬りした場面が話題となっている。

 番組はたけしの前でお笑い芸人たちがネタを披露し、気に入らなければ即、幕が降ろされるという内容。そんな中、番組には先日の『M-1グランプリ2020』でチャンピオンに輝いたマヂカルラブリーが参戦。最終決戦で披露した「つり革」ネタを披露したのだが……。

「たけしは冒頭の数秒を観ただけで、『おもしろくない』『ああいうのが、女、子供、おばあさんとかが笑ってくれて勘違いしちゃう』とダメ出し。横にいたガダルカナル・タカからM-1王者だと聞かされ、もう一度幕が開いたが、やはり途中で強制終了となりました。たけしはM-1を観ていないとし、『これ、優勝しちゃったの?』と驚いた後、『じゃあみんな文句言っただろ、漫才じゃねえとかさ』と予想。実際に、漫才論争が起こっていますからさすがの指摘でしたね。また、たけしは『審査員のオール巨人が文句を言いそうだ』とも語っていましたが、たしかに巨人は見取り図に投票しており、こちらも的中した格好です」(テレビ誌ライター)

 マジカルヂカルラブリーについては、漫才かどうか論争を置いても、ネタの面白さについて賛否が分かれているだけに、ネット上ではたけしの意見に賛同する声も多く、ネットメディアなどでは、安易にそうした声を取り上げていた。

「最近のたけしといえば、滑舌悪い上に話がまとまってなく、『老害』呼ばわりされることも多かった。しかし、この日はM-1ファイナリストを含むほかの芸人たちにも的確な指摘をしていて、やはりお笑いに関するセンスは天才的ですよね。ただ、マジカルヂカルラブリーだけじゃなく、ほかの芸人たちもほとんどが苦言を呈され強制終了となっていたため、そういう番組だとして、とくに気にする必要もなさそうです」(芸能ライター)

 的確なアドバイスはともかく、若手のお笑いに対して上から目線で強制終了をするような演出は、今の時代にはあまりフィットしていないようにも思えるが……。

最終更新:2020/12/25 21:00

たけしがめった切りにしたのはマヂラブだけじゃない!? 的確なダメ出しに賞賛の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真