日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 米中のTikTokでの稼ぎ方

中国版には投げ銭とEC機能が付いている?──年収5億円を叩き出した10代も! 米中のTikTokでの稼ぎ方

文=柊青葉

──政治的に翻弄されているTikTokだが、多くの若者が利用していることもあり、近年はインフルエンサー・ビジネスのプラットフォームになり、中国やアメリカなどでは企業やインフルエンサーのマーケティングの場としても活用されている。日本とは違う、その稼ぎ方とは?

中国版には投げ銭とEC機能が付いている?──年収5億円を叩き出した10代も! 米中のTikTokでの稼ぎ方の画像1

 米中貿易戦争を背景に、若者に人気の動画投稿アプリ「TikTok」が危機を迎えている。

 一連の騒動の発端となったのは、8月上旬にトランプ政権が同アプリが安全保障上の脅威になっている(個人情報を抜き取り、中国共産党の元に渡っているという説がある)という理由で、アメリカ国内でのダウンロードや更新を禁止すると決めたこと。これに対し、運営元である中国のテクノロジー企業「ByteDance」が差し止めなどを求める訴えを起こし、それから約2カ月後の9月末に、連邦地方裁判所がこのダウンロード禁止措置を一時的に差し止める命令を出した。

 今のところ、最悪の危機は脱した印象のTikTokだが、とはいえ安心できない状況にあるのは変わりなく、また昨今増加していた広告出稿への影響も出始めている。例えば、今回の騒動を受けて、コカ・コーラなどの大手企業が同アプリへの広告の出稿を停止しているという。

 日本でも、アメリカに追随する形でTikTokをはじめとしたスマホアプリを規制しようという気運が自民党内で高まっている。しかし同アプリは“稼げるプラットフォーム”にもなりつつあるため、動画を投稿する若者だけではなく、前述のコカ・コーラのような企業の対応にも影響が及ぶことになる。

 とはいえ、「口パクやダンス動画ばかりのアプリでのマーケティングなんて、たいした代物でもないのでは?」と思う者もいるだろう。しかし、海外に目を向ければ、TikTokを始めたことで億万長者になったユーザーは山ほどいて、それも若者だけではない。

 そこで本稿では、先行きの怪しい、TikTokの広告マーケティングの現状と海外の事例を見ていきながら、同アプリの未来について考えていきたい。

123

中国版には投げ銭とEC機能が付いている?──年収5億円を叩き出した10代も! 米中のTikTokでの稼ぎ方のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ミス週刊少年マガジンを受賞

「もう少しだけ。もう少しだけ、撮らせてください」  秋晴れの乃木坂での撮影は、所定の...
写真