TikTokの記事一覧 (32件)

若者たちの2021年上半期流行ランキング、下半期の覇権争いは呪術vs鬼滅vsウマ娘の予感?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】いつの時代も流行は若者たちの間から多く生まれているが、LINEリサーチによれば、2021年上半期に全国の15~24歳の若者たちの...

【2021年上半期インスタ流行語大賞】あの“死語”がウケるって本当? 1位になったのは?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】流行先取りメディア・Petrelが発表した「2021年上半期インスタ流行語大賞」で、1位に「うっせぇわ」が輝いた。2位以降には話...

ジャニーズはTikTokに音源を配信すべき… SMAPが世界的に評価される可能性も?

 ジャニーズの世界進出はTikTokから生まれる?  Snow Manの冠番組『それSnow Manにやらせてください』で13日に放送された「#それスノチャレンジ」がファンの...

Sexy Zone菊池風磨の“DK”弟が「イケメン」と反響! “クレイジーキャラ”で芸能界入りも期待?

 バラエティ番組での活躍ぶりで注目を集めているSexy Zoneの菊池風磨だが、その実弟にも熱い視線が注がれているようだ。  菊池は今年3月に出演した『徹子の部屋』(テレ...

「アメリカで評判悪い企業」トップ10に日本でもおなじみのSNSがすべてランクイン!?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】日本で流行しているSNSといえば、Twitter、Instagram、Facebookの名が挙がる。最近では、若年層を中心にTi...

TikTokでも人気再燃?20年以上前に発売されたビブリボンが今若者に支持されるワケ

 若者を中心にSNSの一大勢力として日本でも定着しているTikTok。音楽に合わせて、ダンスするショートムービーが多数投稿されており、トレンド把握ツールとしても利用できるほどだ...

『Mステ』に初出演のBLOOM VASEとは? 異例の“大抜擢”に音楽業界からも注目が集まるワケ

 26日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が、音楽業界の中で静かな注目を集めている。若者を中心に人気を集めているものの、メディア露出がほとんどなく、“世間”で...
“広告拒否能力”に長けた人にどう訴求するか「TikTokHiT考」4

マクドナルドでナゲットソースは時代遅れ!? 男は黙って塩だろ!! マックで塩をもらう裏技

 マクドナルドLOVERな皆さんへお届けするチキンマックナゲットについての有益な情報をお届けいたします。チキンマックナゲットは1984年2月からサイドメニューに加わっているロ...
“広告拒否能力”に長けた人にどう訴求するか「TikTokHiT考」3

ミスドのレジで一言伝えるだけの0円ウラ技がプチバズり! 常に出来立てのようなドーナツをオーダー可能に

 2015年に大手コンビニ3社から突如コンビニドーナツが登場し、ドーナツ大戦争が勃発していたことを覚えているでしょうか?  セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手...

Z世代の「TikTok」利用頻度がYouTubeを抜かす! もはや効率的な情報収集は15秒の動画なのか

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】コロナ渦によるおうち時間の過ごし方でSNSを触る機会が増加した人も多いと思われるが、TikTokを欠かさず見ているという30代サ...
“広告拒否能力”に長けた人にどう訴求するか「TikTokHiT考」2

無料で牛丼を100倍楽しめるTikTok裏技グルメが熱い! 思わず「その手があったか」な簡単アレンジ

 学生時代、吉野家でアルバイト経験のあるシズリーナ荒井です。今回は、元吉野家の店員だったにも関わらず、無性に松屋の牛丼を求めてしまう……。その理由は、「松屋では牛丼の顔である...
“広告拒否能力”に長けた人にどう訴求するか「TikTokHiT考」1

マクドナルドのちょい足しメニューで200万回再生! 「ホットケーキシロップ」をナゲットにドバドバかける裏技がヒット

 若者を中心に絶大な人気を誇っている動画アプリTikTok。2020年は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛に伴い、これまで以上にTikTokへの需要が高まった年ではない...

中国版には投げ銭とEC機能が付いている?──年収5億円を叩き出した10代も! 米中のTikTokでの稼ぎ方

──政治的に翻弄されているTikTokだが、多くの若者が利用していることもあり、近年はインフルエンサー・ビジネスのプラットフォームになり、中国やアメリカなどでは企業やインフルエン...

音楽の認知もインフルエンサー強し──「TikTokでバズれ」は老害!? 業界が頭を悩ます10代販売戦略

──「10代はこういう音楽が好きなんだろ?」と、音楽業界があぐらをかけていた時代も今や遠い昔。CDの売り上げが落ち続ける中、日本のレコード会社は10代の若者に興味を抱いてもらう...

中国版TikTokがカオス化! 動物解剖動画に公開自殺まで… 金目当てで過激化の一途

 日本でも若者を中心に人気のある動画投稿アプリTikTokの本家中国版「抖音(ドウイン)」で、とんでもない動画が投稿され話題になっている。 「東網」(11月26日付)などによ...

たった30円で「いいね!」が買える!? 中国ライブコマースの闇、視聴者数や購入者数を偽装

 ライブ配信をしながら商品を販売するライブコマースが注目されているが、マーケティング手法としてすでに確立している中国では、11月11日に行われた一大セールイベント「双11(ダ...

小栗旬“ものまね芸人”がお笑い第7世代と違う道でブレイク!土佐兄弟におばたのお兄さんSNSで荒稼ぎ中

 バラエティでは「第7世代」と呼ばれる芸人たちが引っ張りだことなっているが、そのカテゴリーから外れた芸人たちがSNSで逆襲を見せている。 その一人が土佐兄弟だ。放送作家が言う...

ナベプロがSNS動画クリエイターオーディション開催 YouTubeに注力する吉本への対抗策か

 大手芸能事務所ワタナベエンターテインメント(以下ナベプロ)がファッション誌『Seventeen』(集英社)とタッグを組んで、10代の動画クリエイターを発掘するオーディション...

第7世代の女性芸人が存在感を増す! 次なるブレイクは蛙亭の岩倉で決まりか

 3時のヒロイン、ぼる塾、ラランドのサーヤなど、第7世代の女性芸人が活躍するなか、次なるブレイクが期待されているのが、男女コンビ「蛙亭」の岩倉美里だ。  2012年に、ボケ&...

深田恭子、TikTokに投稿したサーフィン動画が大反響「いつみても若い」「セクシーすぎる」

 深田恭子が27日、自身のティックトックの公式アカウントを更新。夏休み企画第1弾となる動画を公開し、話題となっている。  深田は7月10日にティックトックのアカウントを開設。...

浜崎あゆみ、TikTokにダンス動画投稿で大反響「安斉かれんに似てきた」「まるで別人」

 浜崎あゆみがTikTokに最新動画をアップし、反響を集めている。  浜崎は4月8日にオフィシャルTikTokアカウントを開設。ファンからは喜びの声を集めていた。そんな浜崎だ...

浜崎あゆみ、「あゆ、ママの顔してる!」最近は表情が柔らかくなったと大反響

 浜崎あゆみが4月29日、自身の公式TikTokを更新。投稿した動画に多くの反響が寄せられている。  浜崎といえば先日、「LAで暮らしていた頃にお世話になった、大先輩であるY...

浜崎あゆみの公式TikTokが連日の大反響「可愛すぎてやばい」「もう限界」

 浜崎あゆみが11日、自身の公式TikTokを更新した。  浜崎といえば先日、デビュー22周年を記念して公式TikTokアカウントを開設したことを報告。記念すべき初投稿として...
こんな先生欲しかった!?

人気TikTokerが小学校に侵入、セクシー衣装で勝手に授業! 

 日本でも若者の間で人気の中国発モバイルアプリ「TikTok」で先日、Tシャツにショートパンツ、そしてハイヒール姿で授業する若い女性教師らしき人物の映像がアップされ、中国ネッ...

暴力で動画配信を強要、学校に行かせない親も……高額報酬を稼ぐ「キッズ配信者」たちの悲哀

 日本でも人気のTikTokを生んだ中国では動画投稿アプリが花盛りだが、わが子に動画配信を強いる保護者たちの常軌を逸した行為が問題視されている。 「東網」(4月11日付)によ...

児童の4人に1人が見知らぬ大人と接触……世界ユーザー5億人のTikTokがロリコンの漁場に!

 全世界で5億人のユーザー数を誇り、日本でも若者を中心に大人気のアプリ・TikTok。運営元の中国ByteDance社は、時価総額750億ドル(約8兆3,800億円)と急成長...

ダウンロード数はTikTok以上! 中国共産党開発の”洗脳ニュースアプリ”を利用してみた

習近平政権発足後、時代に逆行するかのような独裁色強まる中国で、党が共産主義のイデオロギーを学ぶことができるアプリ「学習強国」を公開し、話題となっている。台湾メディア「自由時報...

ファーウェイに続き、TikTokにも“スパイ疑惑”……ユーザー投稿から米軍施設や兵士の情報を収集か

 中国発の短編動画共有SNSのTikTokは、今や世界中で5億人ものユーザーを擁し、日本でも 女子高生から芸能人まで若者を中心に利用されている。Apple StoreやGoo...

「TikTok」がわいせつ動画販売のプラットフォームに!? 人気アプリの裏の顔……

 日本では今年の新語・流行語大賞にノミネートされるなど、世界中でヒットしている中国発の動画共有アプリ「TikTok」だが、インドネシア政府が使用を禁止したことでもわかるように...

狩野英孝は「ギャラをもらえず」嘆き節!? TikTok投稿で数百万円稼ぎ出す芸人たち

 若い世代を中心に流行しているTikTok。その人気拡大の背景には、お笑い芸人の影響力もあったという。 「今では多くのタレントがTikTokを楽しんでいますが、かなり早い段階...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

TikTok記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(4)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 【「天涯...
写真