日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 業界が頭を悩ます10代販売戦略

音楽の認知もインフルエンサー強し──「TikTokでバズれ」は老害!? 業界が頭を悩ます10代販売戦略

文=讀賣蘭堂

音楽の認知もインフルエンサー強し──「TikTokでバズれ」は老害!? 業界が頭を悩ます10代販売戦略の画像1

──「10代はこういう音楽が好きなんだろ?」と、音楽業界があぐらをかけていた時代も今や遠い昔。CDの売り上げが落ち続ける中、日本のレコード会社は10代の若者に興味を抱いてもらうために、どのような戦略を練っているのだろうか? メジャー/インディのレーベルに勤務するスタッフたちに実情を聞く。

[座談会参加者]
A…メジャーレコード会社社員(50代・女性)
B…メジャーレコード会社社員(40代・男性)
C…メジャーレコード会社社員(20代・男性)
D…インディレーベル会社社員(30代・女性)

A 10代に対してどんな戦略やマーケティングを行っているのか? っていう企画のようで、私だけ50代で肩身が狭いんですが、よろしくお願いします。

B いや、年齢はただの数字ですから。きっとサイゾーは「年齢を重ねた人たちの戦略は、今や昭和の負の遺産なんじゃないの?」という結論を導き出したいはずなので、抗ってやりましょう。

C まず、「多感な10代で聴いた音楽は初期衝動として体にすり込まれ、20代、30代になってもずっと愛していく音楽になるはずだから、その10代に向けた施策を教えてください」とのことなんですが、みなさん、どうですか?

D 私が勤務しているレーベルはインディなので、そもそも10代に向けた音源のリリースが少ないんですが、実は先日興味深い出来事があったんです。某大学で音楽に関する講義を行ったんですが、そこで「CDを購入する学生」が5割以上もいて、サブスクと契約している学生も相当数いることがわかったんですね。

A へー、意外。サブスクの月額1000円前後を支払うことすら渋るイメージがあるのに。

D ただ、CDは積極的に購入しているわけではなく、限定盤やCDでしか聴けない楽曲やMVが収録されているものに対して、という条件がありまして、「音楽を聴きたい」という欲求よりも「コンテンツとして入手したい」という物欲のほうが強いのかもしれません。サブスクに至っては「アップルミュージック一強」という印象でした。

C うちの会社の新卒スタッフも、そんな感じです。サブスクはやっぱりアップルが強い。次いでスポティファイですね。

A そんな中、どうです、みなさん、10代に向けた施策?

D 私の場合は「(サブスクにおける)良質なプレイリストに入ること」が認知やヒットの近道だと思うので、「とにかく良い曲を作る」ということに重きを置いてます。スポティファイ・ジャパンのセレクター陣が選ぶ「New Music Wednesday」や「Early Noise」「Edge」など、複数のプレイリストに選んでもらえれば、おのずと話題になるし、発見しやすい長所もありますから。

A アップルミュージックだと「はじめての○○」に選ばれたら、「このアーティスト、キテる感」は演出できるよね。

B 発見しやすい施策としては「アートワークの単一化」っていう手法もありますよね。昔はCDをリリースするためにジャケットを著名なカメラマンに撮影してもらったり、イラストレーターに凝ったイラストを描いてもらったりしたじゃないですか。でも今は、予算も少なく配信がメインになっているから、それを逆手に取り、あえて“似たようなアートワーク”にすることで、リスナーの視覚に訴える。「このジャケット、よく見るな」って感じることで、クリックする可能性も高くなりますから。

A 私は「長いイントロを避ける」「1曲の分数を短くする」「間奏は作らない」「フェードアウトをやめる」とかが議題に上がったことがある。

B その手法はヒップホップ的であり、K-POP的、かつ現代的ですよね。確かにイントロが長いとスキップされる率は高くなるし、間奏が長い曲はカラオケで嫌われる。10代の音楽との接し方って、良い意味でファッション的なんですよね。「モテたいならイケてる曲を知っておかないと」っていう、昔も今も変わらないマインドに加えて、あいみょんや(Official)髭男(dism)、King Gnuもしっかり押さえておく。一定のジャンルをコアに聴き漁る10代も確実にいますけど、一般的なレベルでは、それが今のスタンダードなのかなって思います。

123

音楽の認知もインフルエンサー強し──「TikTokでバズれ」は老害!? 業界が頭を悩ます10代販売戦略のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

小岩が「夜ふかし」の悪イメージから生まれ変わる!?

 東京都江戸川区に位置する小岩は、今でも下町風...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真