日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 霜降り粗品、音楽家デビューの裏側

霜降り粗品、本格派アーティストへ仲間入り!? ユニバーサルが惚れ込んだクラシックの素養

文=日刊サイゾー

霜降り粗品、本格派アーティストへ仲間入り!? ユニバーサルが惚れ込んだクラシックの素養の画像1
ユニバーサルミュージック公式サイトより

 霜降り明星の粗品がユニバーサルミュージックと共同で自身のレーベル「soshina」を立ち上げ、音楽活動を本格的にスタートさせた。粗品はピアノやギター、ベースなど楽器演奏はもちろんのこと、作詞作曲でも才能を発揮。これまでも自身のYouTubeチャンネルでボカロ楽曲を発表し続けてきたが、そんな粗品に目をつけたのがユニバーサルミュージックだったという。

「これまでも音楽活動を行ってきた芸人は多いですが、粗品の場合“クラシックが好き”というのが新しいんですよね。きちんとした音楽的素養を兼ね備えていることが、レコード会社的にも魅力的だったようです。ユニバーサルは早くから粗品にオファーを出し、クラシックの名作100枚にフォーカスした『クラシックの100枚』キャンペーンに起用しました。そこで世界的ピアニストのラン・ランや土屋太鳳と共に3台のピアノで一緒に演奏するという試みをしたんですが、これがユニバーサルの上層部にもウケたようですね。ただの“芸人が歌ってみる”的なものではなく、粗品を本格的なアーティストとして育て売り込んでいくようです」(レコード会社関係者)

 粗品は絶対音感の持ち主で、幼少期には指揮者になりたかったという逸話もあるほど、音楽に造詣がある。実際、粗品のボカロ楽曲も評判は上々のようで、今後は他のアーティストへの楽曲提供の可能性も考えられる。

「粗品は歌はそこまで上手くないので、楽曲制作に注力していくんじゃないかと見られています。もともとヒャダインの熱烈なファンですから、彼のようにアイドルへの楽曲提供に挑む可能性は高い。一緒に番組をやっているラストアイドルは、粗品が得意とするボカロ楽曲とも親和性が高そう。事務所の事情でいえば、吉本発の男性アイドルユニットJO1なんかもいますしね。また、粗品が個人的に親しくしているのがSexyZoneの中島健人。ジャニーズのアイドルに楽曲提供なんかしたら話題性は抜群だし、一気にとんでもない印税が入ってくることになりますよ」(大手芸能事務所関係者)

 ギャンブル好きとしても知られる粗品だが、作詞作曲印税で儲けた暁には“賭け金”も増えそうな予感。第7世代の旗振り役は2021年もさまざまな話題を提供してくれそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/08 13:00

霜降り粗品、本格派アーティストへ仲間入り!? ユニバーサルが惚れ込んだクラシックの素養のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

格闘夫婦による愛と復讐のストーリー

「愛は平和ではない。愛は戦いである」  梶...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真