日刊サイゾー トップ > 芸能  > 視聴率バトルで夏目三久がクビ切り危機に⁉

『ZIP!』水卜麻美VS『めざまし』井上清華の視聴率バトルで夏目三久が窮地に⁉

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『ZIP!』水卜麻美VS『めざまし』井上清華の視聴率バトルで夏目三久が窮地に⁉の画像1
写真/GettyImagesより

 ついに日本テレビのエース・水卜麻美アナが一国一城の主となる。

 4月の番組改編で、17年から担当していた『スッキリ』のサブ司会を卒業し、
『ZIP!』の総合司会を務めることが発表されたのだ。

「日テレにおいて、『ZIP!』はかつて『ズームイン‼朝!』が放送されていた伝統の枠とあって、『スッキリ』より格上という位置づけ。水卜アナはサブからメインに栄転、メイン視聴者も主婦層から今度は老若男女に変わるとあって、彼女の野望でもある報道番組キャスターに向けての準備段階とも言えそうです。1月4日に移籍を視聴者に報告してお辞儀した際には、ネット上では男性視聴者が『ZIP!について行く!』と前のめりになっていました」(芸能記者)

 この水卜アナを迎え撃つのは朝の王者・フジテレビ。裏番組の『めざましテレビ』は20年まで3年連続で同時間帯民放トップに君臨している。

「こちらは、メインを張っていたエースの永島優美アナが『とくダネ!』の後継番組となる『めざまし8』に移籍。後任には入社3年目の井上清華アナが内定していると報じられています。青山学院大時代には『ミス青山コンテスト』のファイナリストに選ばれた美貌で次代の看板アナと目される逸材。フレッシュで朝のイメージにもピッタリです」(前出・芸能記者)

 水卜アナ、井上アナの参戦で、今以上に立場が苦しくなるのが『あさチャン!』(TBS系)の夏目三久だ。14年3月からMCを務めているがこちらは低空飛行で、いつ打ち切られてもおかしくはない状況が続いている。

「昨年は、夏目と同じ事務所の堺雅人が主演する大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の続編が控えていたため延命してきました。しかし、水卜アナと井上アナの視聴率争いが注目されるにつけ、『あさチャン!』が今以上の一人負けとなる可能性は高い。『半沢直樹3』が放送されるかは不透明ですし、TBSもいよいよかばい切れなくなるでしょう」(テレビ関係者)

 水卜アナが先輩の夏目に引導を渡すことになるのだろうか。

最終更新:2021/01/23 08:00

『ZIP!』水卜麻美VS『めざまし』井上清華の視聴率バトルで夏目三久が窮地に⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真