日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 女性アナ“大量フリー化”カウントダウン

弘中綾香アナも秒読み!? コロナ禍でボーナス激減、酷使されまくる女性アナの“大量フリー化”カウントダウン

弘中綾香アナも秒読み!? コロナ禍でボーナス激減、酷使されまくる女性アナの大量フリー化カウントダウンの画像1
テレビ朝日弘中綾香アナウンサー公式インスタグラムより

 いつの時代も人気の高い女性アナウンサー。テレビ局が女性アナをアイドル化させ、バラエティ番組などで重宝するのは常套手段だが、新型コロナの影響でこの流れはさらに加速するという。

「どの局もコロナで広告収入が減少したことで番組制作費も削られ、高額なギャラのタレントを使いづらい状況が続いています。そこで各局は、自局の女性アナを起用した番組の制作を始めているんです。特に勢いがスゴイのはテレビ朝日。かつてはお堅いイメージが強かったテレ朝ですが、弘中綾香アナを中心に、一気に女性アナのアイドル化を進めています」(民放関係者)

 しかし、その弘中アナが謀反を起こしたとして、物議を醸している。

「『週刊文春』8月27日号(文藝春秋)は、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』が、女性アナたちに体のラインがわかるような服を着せ、エクササイズやダンスをする動画をアップして再生数を稼いでいることに弘中アナが怒り、社内メールで同僚たちに注意喚起をする“告発文”を送ったことを報じました。この騒動によって、YouTubeの動画制作を担当したスタッフは企画から即座に外されたそうです」(週刊誌記者)

 さらに、事態はこれだけでは収まらなかった。

「弘中アナは、社内メールが『文春』に漏れたことに大激怒しています。上層部も、いまやテレ朝で人気ナンバーワンの弘中に逆らうことができず、社内調査をする予定だとか。弘中アナは、担当するバラエティ番組の人気が高く知名度も抜群ですし、SNSでバズることも多いので、いつでもテレ朝を辞めてフリーになってもいいと考えている。だからこそ、今回のように言いたいことを言い、強気な態度に出れるんです」(前出の民放関係者)

 そればかりか、各局の実力ある女性アナたちも、コロナ禍を契機にフリーへの転身を考え出しているようだ。

「コロナの先行きが読めないので、各局とも予算を抑える傾向にあります、来年以降、女性アナを多用する企画はさらに多くなるでしょう。上層部は経費が削減でき、リスク管理もできるので一石二鳥と考えていますが、当の女性アナたちは、多少の手当が付く程度で酷使されたくないと不満を漏らしています。しかも、今後しばらくはボーナスも下がる見込みです。仕事が増えて年収が下がれば、やる気をなくすのもしょうがありません」(同)

 特に、日本テレビとフジテレビからは離脱者が多くなりそうだという。

「フジテレビは、人気の高い三田友梨佳アナが、担当する情報番組『Live News α』の視聴率が低迷していることにフラストレーションを溜めていて、フリーへの誘いに心が揺れているようです。日テレも、水卜麻美アナが体調面を理由にフリー転身の可能性がありそうです。というのも、水卜アナはあまりの激務に睡眠時間もほとんどなく、収録外のアナウンスルームではかつてのような明るい笑顔がめっきりと減っており、心配する声が上がっています」(同)

 アナウンサーとはいえ会社員の彼女たち。会社の不況は、タレント以上に直接響いてくるようだ。

小林真一(フリーライター)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

こばやししんいち

最終更新:2020/08/27 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真