日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > チコちゃんを泣かせた岡村隆史の“ある話”

チコちゃんを泣かせた岡村隆史の“ある話” 「ダメ。もう泣かせないで、私をこれ以上」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

‘岡村の新婚エピソードは奥さんとの齟齬が多い?’

 エンディングは恒例の縁側トーク。受験シーズンだけにキョエちゃんは岡村に受験問題を出題した。

「日本語に訳しなさい。Okamura appears in this show tying with a crow.」

 かなり難しい問題である。残念ながら岡村は答えられなかった。キョエちゃんが発表した正解は「岡村はカラスのバーターで出演しています」だ。そんな、子どもも見ている番組なのに「バーター」なんて業界用語使わないでよ! ちなみに、バーターの語源は日本語の「束(たば)」を逆さ読みにしたものである。

キョエちゃん 「不正解! 岡村さん、落ちました」
チコちゃん  「『キョエちゃん大学』を落ちましたねぇ」
岡村     「落ちました、完全に」

 続いて、今度はチコちゃんが岡村の新婚生活について質問した。

チコちゃん 「新婚さんはどうですか?」
岡村    「僕、一人暮らしが長かったもんですから、ソファの上に『これまだ着れるで』と思って服を置いておくんですけど、(妻から)『洗濯物入れに入れて!』って言われるんですよ。『入れる……やん!』って言うんですけどね」
チコちゃん 「うわーっ、ちょっと岡村。私、なんか、本当に一般的な家庭の話をあなたから聞ける日が来るなんて……。もう泣きそう!」
岡村    「すみません、本当に(苦笑)」
チコちゃん 「ダメ。もう泣かせないで、私をこれ以上」

 昨年までは岡村の独身いじりが番組内で連発されて物議を醸していたが、今年からは岡村の新たないじり方が始まった模様。というか、彼の新婚エピソードってこんな細かい齟齬が多い気がするけど大丈夫か……? 番組の最後は、受験を控えた視聴者に向けたキョエちゃんのメッセージで締めくくられた。

「去年は皆さんの代わりに岡村がスベりましたが、ご覧のとおり今年は皆さんの代わりに岡村が落ちましたー。でも、岡村が落ちたのは……恋ですからぁーっ!」

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2021/01/22 22:00
123

チコちゃんを泣かせた岡村隆史の“ある話” 「ダメ。もう泣かせないで、私をこれ以上」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

板橋大山が再開発事業でさらに変わる!?

 東京都板橋区に位置する大山は下町風情と昭和の...…
写真
インタビュー

望月歩、月9『朝顔』で存在感見せる

 今年、大河ドラマ『麒麟がくる』や、連続テレビ小説 『エール』に抜擢された望月歩は、...
写真