日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『チコちゃん』岡村のタイムラグ

『チコちゃんに叱られる!』岡村隆史の結婚にタイムラグ チコちゃん「スタッフは年の瀬までドタバタよ!」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『チコちゃんに叱られる!』岡村隆史の結婚にタイムラグ チコちゃん「スタッフは年の瀬までドタバタよ!」の画像1
『チコちゃんに叱られる!』(NHK)

 昨年12月25日放送『チコちゃんに叱られる!』(NHK)は年末恒例のSPで、72分拡大版。ゲストは共に初登場の杏と濱田岳だ。昨年12月25日放送『チコちゃんに叱られる!』(NHK)は年末恒例のSPで、72分拡大版。ゲストは共に初登場の杏と濱田岳だ。

 それにしても、身長156cmの岡村隆史と160cmの濱田、170㎝の杏が一列に並ぶと遠近感がおかしく感じられてしまう。ちなみに、濱田の妻はモデルの小泉深雪で身長は179cm。彼にとってこの身長差はまだ序の口なのかもしれない。あと、心なしか岡村が痩せたように見える。奥さんから食事管理をされているのだろうか? 

岡村隆史に「6割の人からカワイイと思われる」アドバイス 

 この日最初のテーマの回答者を決めるべく、チコちゃんはスタジオの3人に「この中で一番、ペットにメロメロな動物好きな大人ってだーれ?」と問いかけ、指名されたのは犬2匹(柴犬と雑種)を飼う杏だった。彼女に投げかけられたのは「なんで猫はカワイイの?」という質問だ。妙に哲学的で無茶な質問だな……。

「えーっ!? 犬派だから『犬もカワイイもん!』って言いたくなる」(杏)

 この問いに濱田は「目とか丸い部分が多い」と、杏は「そんなに大きくならない。(成長しても)赤ちゃんの域を出ない」と回答した。特に杏の答えがチコりかけていたのか、慌ててVTRへ行こうとするチコちゃん。「チコったんじゃないの、今!?」と杏は追及したが、その通り。チコちゃんが発表した正解は「大きくなっても赤ちゃんと同じだから」だった。

杏  「えっ、チコりかけてませんでした?」
岡村 「はい、チコりかけてました。サーッ! ってチコちゃんが逃げたんで。『危ない!』と思って」

 詳しく教えてくれるのは、ねこの博物館・館長の今泉忠明先生だ。曰く、人間が猫をカワイイと思う秘密には「ベビーシェマ」と呼ばれる概念が大きく関係しているという。ベビーシェマとは猫や人間など多くの生き物の赤ちゃんが共通して持っている特徴のこと。生まれたばかりの動物の赤ちゃんは、それぞれの生物としての特徴がまだ発達し切っていないので外見的に似ている。ベビーシェマの特徴として挙げられるのは①体に対して頭が大きい、②丸みを帯びた輪郭、③大きな目が顔の真ん中よりやや下に位置にある、④小さな鼻、⑤広い額、⑥柔らかい、⑦短い手足、などである。猫以外にも多くの動物の赤ちゃんがこの特徴を満たしている。人間にとって我が子は愛おしくて守りたいカワイイ存在だが、その我が子と同じベビーシェマの特徴を持つ他の動物の赤ちゃんにも本能的にカワイイという感情が生まれやすいのだ。

 しかし、人間をはじめ多くの動物は成長することでベビーシェマの特徴を徐々に失っていき、それによって「カワイイ」と思えなくなってしまう。ところが、猫は大人になってもベビーシェマの特徴の多くを残したまま成長する。これこそ、人間が猫をカワイイと感じる秘密の正体だ。猫は犬などと異なり成長による頭蓋骨の変化が少なく、赤ちゃんと大人で丸い輪郭にあまり変化がない。さらに夜行性の動物のため、より多くの光を入れようと大人になっても目が大きいというベビーシェマの特徴を残す。大きくなっても一人遊びが好きだったり、行動学的にも子どもらしい側面が大人になっても残るのだ。大きくなっても赤ちゃんと同じ特徴を持っているので、多くの人にとって猫はカワイイ存在になるということ。じゃあ、「丸い部分が多い」という濱田の回答も結構チコりかけていたのでは……?

 ただ、猫に可愛さを感じるのは人間だけではない。他の動物も猫と一緒に寝たり、メロメロな態度を取るのをよく見る。様々な動物が猫のベビーシェマの虜になっていると思うのだ。

スタッフ 「ベビーシェマの力は人間以外にも働くんですね」
今泉先生 「いや、ベビーシェマをカワイイと感じるのは人間だけなんです。他の動物たちは猫を仲間だと勘違いしているだけなんですよ。まあ、(他の動物が猫と仲良くしているのは)たまたまです。タマタマ? タマ? 猫だけにね」

 ところで、本当にベビーシェマを満たしていると人はカワイイと感じるものなのか? そこで、海外で行われた研究を参考に岡村の写真をベビーシェマ度3段階に設定して加工。それを街行く女性に見てもらい、最もカワイイと感じる岡村を選ばせる実証実験を行った。すると、最もベビーシェマ度の高い写真について「不自然」「盛ってる感がスゴい」と不評の声は若干数あったものの、結果的にこの岡村を選んだのは30人中18人にまでのぼった。恐るべきベビーシェマの力! 男目線で見ると修正なしの岡村がシュッとしてて一番良く見えるし、おじさんの不自然な童顔はどうにも気持ちが悪い。でも、母性本能がある女性が対象だと、この結果が当然なのかもしれない。ただ、ここで入ったナレーションだけはタイミングが悪すぎた。「岡村さん、気味悪がる人もいますが、この顔にすれば6割の人からカワイイと思われるみたいですよ」って、まるで岡村が独身という前提でアドバイスしているじゃないの……。

123

『チコちゃんに叱られる!』岡村隆史の結婚にタイムラグ チコちゃん「スタッフは年の瀬までドタバタよ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真