日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大橋未歩、ナイナイ矢部、出川哲朗「実はNGな仕事」とは?

大橋未歩、ナイナイ矢部、出川哲朗…人気タレントが明かした「実はNGな仕事」とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

大橋未歩、ナイナイ矢部、出川哲朗…人気タレントが明かした「実はNGな仕事」とは?の画像1
写真/GettyImagesより

 芸能界を生き残るためには、いただいたオファーは何でもこなしたいのが本音だろう。しかし、実はNG仕事があるというタレントも多いようだ。

 1月21日の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、仕事についてのポリシーを語ったのがフリーアナウンサーの大橋未歩だ。

「彼女は2020年、アダルトビデオについて語ってくれとのオファーが来たものの、『知識不足』を理由にお断り。しかし、詳しかったら出演していたとのこと。これは例外で、本当のNGは『悪口を言い合う系の仕事』。笑いを求められるうちに加速して、本当に亀裂が入った人を大勢見てきたり、ニュアンスがはぎとられてニュースになって、それだけが残るみたいなパターンもあるのがその理由だといいます。確かに、遠野なぎこが番組のどっきり企画で、飲み仲間だった矢口真里に説教をして泣かせてしまい、以降、絶縁状態になってしまった例もありますからね」(芸能ライター)

 他にも、人気タレントの意外なNGを見てみると――。

「1月21日のラジオ番組では、ナインティナイン・矢部浩之がリスナーから実はNGだった仕事を聞かれ、『ドラマのラブシーン』と明かしてます。これまで数々のドラマへの出演していた矢部ですが、『お見せするほどの演技ができない』ため拒否していたそう。ほかに、有名なところではさまぁ~ず・三村マサカズは“お化け屋敷”がNG。相方の大竹一樹は触ると電流が流れる、通称“ビリビリ”がNGです。ダウンタウンの松本人志は、過去の番組のトラウマから“閉所恐怖症”になり、被り物や車中の撮影ですらドキドキしてしまうとのこと。一見、NGがなさそうな出川哲朗は、ダイエット企画がNG。現在契約している会社や番組を裏切る形になるからという泣ける理由です。同じく、朝日奈央は『パンケーキを食べて“美味しい”と可愛く言う』のが、バラエティ番組において唯一NGだと明かしています」(放送作家)

 大御所芸人が意外と“ビビリ系”ネタのNGが多いのは、華やかな時代のバラエティ番組をくぐり抜けてきた後遺症なのかもしれない。

最終更新:2021/01/26 13:00

大橋未歩、ナイナイ矢部、出川哲朗…人気タレントが明かした「実はNGな仕事」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

森喜朗氏の女性蔑視発言が海外でもいじられている!

「東京オリンピック・パラリンピックの組織員会...…
写真
インタビュー

小倉優香、ダイエット成功で意欲

 4月、小倉優香がインスタグラムで美しく割れた腹筋と共に2年越しのダイエット成功、そ...
写真