日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > マックスむらいの再生回数が激減

ヒカキンとは大違い!マックスむらい、YouTubeの再生回数が激減したワケとは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
ヒカキンとは大違い!マックスむらい、YouTubeの再生回数が激減したワケとは?の画像1
YouTubeチャンネル『マックスむらい』より

 1月18日、BitStar社から、2020年に最も多く再生されたユーチューバーのランキングが発表された。

 チャンネル開設からわずか4カ月で堂々の1位となったのは、日本一のTikTokフォロワー数を誇るJunya.じゅんや。そして、2位には東海オンエア、3位はフィッシャーズとグループユーチューバーが名前を連ね、個人では4位にヒカル、10位にははじめしゃちょーと、有名どころがランクインした。

 子供たちからも絶大な人気を誇るヒカキンは、「ヒカキンTV」「ヒカキンgames」と、2つのチャンネルが7、8位どちらにもランクインするなど変わらぬ人気ぶりだ。

 しかし一方で、2014年、「好きなことで生きていく。」のフレーズでYouTubeのCMに出演し、多くのファンがついていたにも関わらず、現在はランク外となり、大きく再生数を落としてしまった、あの人物も……。

「少し前に、『再生数の落ち込みがやばい』と話題になったマックスむらいです。ゲーム実況で一つの時代を築いた彼のメインチャンネルは、登録者数こそ149万人と多いものの、毎回再生数は数万回程度と厳しい状況が続いています。そして、彼が山での活動を軸にしたサブチャンネルは、人気のアウトドア系にスポットを当てたうえ、マックスむらいというネームバリューを使っても数千回ほどしか再生されていません。芸能人の参入に加え、どんどん新しいユーチューバーが生まれている今、ベテランと言われる彼らは視聴者に飽きられないような企画のアイディアが必要なようです」(YouTubeライター)

 あのヒカキンからも、「この人には勝てない」と言わしめたマックスむらい。再びトップに返り咲くことができるだろうか。

最終更新:2021/01/26 23:00

ヒカキンとは大違い!マックスむらい、YouTubeの再生回数が激減したワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

熊田曜子の“銀座ホステス転身”の行方

 39歳にしてセクシーグラビア・アイドルとし...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真