日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > ホラン千秋がTBS内評価爆上がり中

ホラン千秋の司会が局内評価爆上がり中! “棚ぼた”!?でTBS『Nスタ』の視聴率が右肩上がり

ホラン千秋の司会が局内評価爆上がり中! 棚ぼた!?でTBS『Nスタ』の視聴率が右肩上がりの画像1
写真/GettyImagesより

 コロナ禍とあって、夕方の各局の報道番組は熾烈な視聴率争奪戦を繰り広げているが、ここにきてTBS系『Nスタ』が急浮上している。

 もともと、民放の夕方の報道番組では、『news every.』(日本テレビ系)が独走状態。それを『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)が追走。その後を『Nスタ』『Live News イット!』が追っていた。そんな中、『Nスタ』が『Jチャンネル』を逆転する事態になっているのだ。

「考えられるのは2点。まず『Nスタ』の前番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』がジリジリ上昇して、横並び首位になる日も多くなった。同番組が伸びたことで、そのままチャンネルを替えずに『Nスタ』を見るようになった視聴者が増えたのでしょうね。

 次に不動の2位に付けていた『Jチャンネル』の自滅が考えられます。同番組はMCだったベテラン・渡辺宜嗣アナの視聴者からの信頼が厚く、それで多くの支持を得ていたんです。ところが世代交代のため、渡辺アナは2020年10月2日をもって勇退し、コメンテーター兼スペシャルリポーターになり、MCの座は小松靖アナに譲りました。決して小松アナの進行が悪いわけではないのですが、なんとも地味で、渡辺アナ目当てで見ていた層が去って、『Nスタ』に流れた視聴者も少なくないようです。つまり、『Nスタ』の右肩上がりの要因は自力と言うより、“棚ぼた”と言ってもよさそうです」(テレビ誌記者)

 視聴率上昇の要因が棚ぼただといいながらも、それによって、視聴者の絶対数が増えたことで、改めてTBS局内で評価を高めているのがサブ司会を務めるホラン千秋だという。

「ホランは大学生時代、アナウンサー志望だったこともあり、『news zero』(日テレ系)でのキャスター経験もあって、タレントにしては進行もうまい。『NEWS23』の小川彩佳アナのように、自分の意見を主張することもないので、押しつけがましくないし、見ていて好感がもてます。18日から22日まで、昨年の夏休みを取っていなかったため、その代わりの休みを取得し、良原安美アナが代役を務めましたが、やはりホランの方が“華”がある。休んだり、復帰したりするだけで、ネットニュースになるんですから、局としてはいい番宣になります。スキャンダルも一切出ないので、報道キャスターとしては適任。TBS局内では、『視聴率が上がったのはホランのおかげ』といった声も増えてきたといいます」(テレビ局関係者)

 このコロナ禍で、各局、CMスポンサー収入が激減し、報道、情報番組でのコストカットも迫られている。同局では、『NEWS23』のアンカーだった星浩氏が1月から、スペシャルコメンテーターに降格し、週5から週1での出演に減らされ、準リストラされた。そんな中、『Nスタ』の視聴率が上がり、自身の評価も高めたホランは当分安泰のようだ。

最終更新:2021/01/27 21:03
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed