日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 夏目三久、小川彩佳の重用にTBSで不協和音?

夏目三久、小川彩佳の重用にTBSで不協和音? 朝の情報番組の視聴率バトル

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

夏目三久、小川彩佳の重用にTBSで不協和音? 朝の情報番組の視聴率バトルの画像1
写真/GettyImages

 4月の春の改編に向けてテレビ各局が新たな番組編成を発表する中、業界内でとくに注目を集めているのが、朝の情報番組の視聴率バトルだという。

 テレビ誌ライターは語る。

「テレビ不況が続く中、ここ数年は各局とも番組制作費の削減に力を入れています。その一方で情報、報道番組に関しては新型コロナウィルスの感染拡大の影響もあって、多くの番組は視聴率がアップしているんです。それだけに今回の改編ではどこも情報、報道番組、とくに朝の番組のテコ入れに力を入れている印象です」

 当代きっての人気女子アナである日本テレビの水卜麻美アナが『スッキリ』を卒業し、『ZIP!』の司会に抜擢されたことはすでに話題になっているが、裏番組の『めざましテレビ』(フジテレビ)では、5年間メインキャスターを務めてきた永島優美アナが『情報プレゼンター とくダネ!』の後継番組『めざまし8』に異動するに伴い、入社3年目の期待の若手の井上清華アナを後任に迎え撃つ格好だ。

「近年は全体的に視聴率で苦戦しているフジテレビですが、朝の番組に関しては健闘していますからね。井上アナに対する局上層部の期待の高さが伺える人事です」(同テレビ誌ライター)

 そうした中、崖っぷちに追い込まれそうなのがTBSの『あさチャン!』の司会を務める夏目三久アナとか。

「芸能界の大物から気に入られていることもあり、日テレ退社後も活躍を見せていますが、『あさチャン!』については14年から約7年間キャスターを務めているものの、番組視聴率はイマイチですからね。局内では“外様”の夏目アナや小川彩佳アナを重宝する上層部に対して不信感を抱いている局員も少なくない。東京五輪の開催もどうなるか分からないですし、春の改編時期を過ぎてさらに視聴率が低迷するようなことになると、さすがに番組の打ち切りやリニューアルも現実味を帯びて来るのではないでしょうか」(前出のテレビ誌ライター)

 4月以降の朝の情報番組の視聴率バトルに要注目である。

最終更新:2021/01/29 14:00

夏目三久、小川彩佳の重用にTBSで不協和音? 朝の情報番組の視聴率バトルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

夫婦の不思議を知るU-NEXT配信映画3本

 事実は小説より奇なりーー。そんなことわざが...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真