日刊サイゾー トップ > 社会  >  “就職内定率”で深刻な結果“リーマン”以上の悪化

文科省と厚労省発表の “就職内定率”で深刻な結果 リーマン・ショックを上回る悪化で新就職氷河期突入へ

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

新型コロナ版就職氷河期はどうなるのか

 リーマン・ショック時には、新卒採用の就職率の影響は8年に及んだことを前述した。新型コロナ禍においても、新たな就職氷河期の到来が避けられないものとなりそうだ。それは、日銀の短期経済観測(短観)の新卒採用計画からもわかる。

 12月調査の日銀短観の新規採用計画では、20年度(21年3月卒)の採用計画が、19年6月調査時から12月調査時、20年6月調査時、12月調査時と時系列に悪化していることがわかる。(表3)

文科省と厚労省発表の 就職内定率で深刻な結果 リーマン・ショックを上回る悪化で新就職氷河期突入への画像4

 例えば大企業の計画では、前年度比2.9%増→1.8%増→0.7%減→1.5%減と悪化、中堅企業では1.3%増→0.8%減→2%減→3.5%減と悪化している。人手不足と言われている中小企業ですら、10.3%増→8.8%増→2.5%増→2.9%減と新卒採用が減少に転じている。

 より心配なのは、21年度の新卒採用計画だ(表4)。20年6月調査時に大企業は前年度比4.8%減だったのが、12月調査時には7.5%減となっている。中堅企業は9%減から10.2%減に悪化、中小企業は4.3%減から2%減に改善しているものの、軒並み前年度採用減となっている。

文科省と厚労省発表の 就職内定率で深刻な結果 リーマン・ショックを上回る悪化で新就職氷河期突入への画像5

 しかも、この調査は20年12月のものだということを忘れてはならない。21年の年明け1月8日には、政府が再び緊急事態宣言を発出している。これにより、経済状況が再び悪化し、企業業績に影響が出ることが考えられる。となれば、この日銀短観よりも企業の新卒採用計画は一段と厳しいものになる可能性は高い。

 人の生活、人生を決める大きな要素の一つでもある“就職”が、経済動向や新型コロナのような災厄によって左右され、たまたま同時期に就職期を迎えた新卒者のその後の人生に大きな影響を与えるのは、何とも割り切れないものだ。

 政府や企業経営者は、いまだに根強い“新卒神話”での採用から柔軟な採用方針に変化することで、新たな就職氷河期の到来を回避する努力をするべきだろう。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2021/01/30 07:00
12

文科省と厚労省発表の “就職内定率”で深刻な結果 リーマン・ショックを上回る悪化で新就職氷河期突入へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真