日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『家つい』突然始まったM-1アナザーストーリー

『家、ついて行ってイイですか?』で突然始まったM-1アナザーストーリー。錦鯉・渡辺隆がくすぐる母性本能

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

‘「親父が焼く魚はメチャメチャ美味い」を売りにする隆’

 22年下積みを続けてきた隆は、良くも悪くもガツガツしていない。せっかくロケが我が家で行われているのに、ずっとマイペース。ベッドに寝転がり、ろくに話を広げようとしないのだ。だから出来事は何も起きないし、まったりした空気が流れるだけ。しまいには、そのまま隆はネットサーフィンを始めてしまった。顔は息子とそっくりなのに性格は正反対の渡邉さんは、スタッフをもてなそうと「さんま焼きます?」と提案した。

 そういえば、1月28日放送『大竹まことゴールデンラジオ』(文化放送)に錦鯉が出演。このとき独身の隆は大竹から結婚について尋ねられ、自分と交際するメリットとして以下を挙げた。

「実家に住んでるんですよ、僕。親父と2人で住んでまして。魚屋だったんで、親父は魚を焼くのがメチャメチャ上手いんです。だから、うちで親父の焼いた魚を食べられるっていう」

 どこまでマイペースなのか……。叩き漫才の割に、恋も芸事もまったりである。

スタッフ 「今後の目標を教えてください」
隆    「ここまで来たら、親父とずっと住もうかなと思ってますけどね」
渡邉さん 「いいんだか、悪いんだか(笑)。ハハハハハ。こういう会話をできることは金じゃ代えられないからね」
隆    「まぁまぁ、親父が死ぬまで仲良く暮らせればいいなとは思ってるんですけどね。(父に)支えてもらって感謝しかないです」

 銭湯で声を掛けたら漫才師の父親だった……という偶然から奇しくも始まった「M-1アナザーストーリー」錦鯉・渡辺隆編。本家のアナザーストーリーは長谷川がメインだったため、今回は嬉しいミラクルだった。錦鯉の挑戦はこれからも続いていく。

スタッフ 「来年(2021年)なんですけど、やっぱり優勝を?」
隆    「面白い奴いっぱいいるんで、どうなるかわかんないですけど……」
渡邉さん 「いや、(決勝進出)2回目行ってくれよ!」
隆    「まあ、挑戦はしてみたいと思います」
渡邉さん 「ハハハハハ!」

 せっかくテレビカメラがあるのに全く頑張らない隆。彼を見ると、謎に母性本能がくすぐられる。“芸人に好かれる芸人”の代表格とも言える錦鯉だが、これまで以上に母性をくすぐってきて、一体どうするつもりなのか。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2021/02/03 21:00
123

『家、ついて行ってイイですか?』で突然始まったM-1アナザーストーリー。錦鯉・渡辺隆がくすぐる母性本能のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真