日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 命を使い切り、最期もキメて逝ったイノマー

『家、ついて行ってイイですか?』命を使い切り、最期もキメて逝ったイノマー「余命は俺が決める」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『家、ついて行ってイイですか?』命を使い切り、最期もキメて逝ったイノマー「余命は俺が決める」の画像1
『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)

 バンド「オナニーマシーン」ヴォーカル兼ベース担当であるイノマーの命日は先月の12月19日である。享年53歳。

 1月6日に『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)が放送された。2019年12月23日、下北沢で番組スタッフが声をかけたのはイノマーのパートナーのヒロさん。同年にがんで亡くなったイノマーの葬儀の帰りだった。

 スタッフが「家、ついて行ってイイですか?」と尋ねると、躊躇しながらもヒロさんは了承してくれた。マンションに到着すると、そこは6畳のワンルームだった。53歳の男が生活するにしては狭く散らかった部屋だが、イノマーが綺麗な部屋に住んでいたら逆に嫌かもしれない。ここでイノマーとヒロさんは2人暮らしをしていたのだ。

「11月の後半に危篤状態になって意識を失って、そこから目覚めて。あんまり愛情表現をするようなタイプの人ではなくて。照れ屋でシャイな部分が凄くある人で、なかなかそういう言葉をかけられたことはなかったですけど、最後の3週間……私の名前をたくさん呼んでくれて。彼の最期の愛情表現だったのかなと思って、最大限の……。最後に声が出なくなる前日、亡くなる前日なんですけど、最後に……言った言葉が私の名前でした」(ヒロさん)

 実は、この時の取材映像はすでに昨年3月18日に放送されている。だから、今回は後日談が付け足されるだけかと思っていた。でも、そうじゃなかった。

わざと遠慮のない接し方を貫いた峯田和伸

 自宅での取材から約1年後、番組はイノマーの1周忌の法要を取材した。イノマーの戒名は「性春昌幸信士」。これをつけた住職はオナニーマシーンのファンとして有名な人だ(ライブ会場での目撃情報も多い)。同じく住職の父からは怒られてしまったが「イノマーさんにとってはベストなんだから!」と彼は泣いて訴え、愛をもってつけた戒名である。イノマーの母親は打ち明けてくれた。

「(イノマーのバンド活動について)知らなかったんですよ、去年まで。最初、変な戒名だなと思って。こういうことだったんだって」(お母さん)

『家つい』と同じくテレ東で放送中の番組『ハイパーハードボイルドグルメリポート』ディレクターの上出遼平はイノマーと親交があり、かつて上出が所属したバンド「タンポンズ」を命名したのはイノマーである。上出は息を引き取る瞬間までイノマーに密着していた。その映像が今回は公開された。

 2019年2月、手術5カ月後のイノマーは都内のカフェにいた。オナニーマシーンが10月22日に開催するバンド史上最大規模のライブの打ち合わせだ。そこに上出が姿を現した。

上出   「ドキュメント撮らせてもらいたくて。いいですか……?」
イノマー 「へ? 趣味? (上出を指差して)タンポンズだろ?」

 ガン摘出のため舌の3分の2を摘出していたイノマー。カメラを構える上出の姿を見て「AV監督みたいだな」と軽口を叩くが、その言葉は聞き取りにくい。舌がないため唾液を飲み込めないイノマーは、ティッシュでわざわざ唾液を拭き取っていた。

 その5カ月後の7月、ライブでファンの前に登場したイノマーは1枚の紙を掲げた。そこに書かれていたのは「再発」の2文字。ガンは転移していた。イノマーは抗がん剤治療・放射線治療を開始した。

 9月30日、銀杏BOYZ・峯田和伸が中心となってイノマーの治療費を募るためのイベントが開催された。会場を訪れたイノマーを峯田が出迎える。

峯田   「(抗がん剤の副作用で)パンパンになっちゃって、顔(笑)」
イノマー 「お猿さんみたいになっちゃった、顔」
峯田   「前より可愛いよ」

 会場に入るイノマーを見送る峯田。イノマーが背を向けた時、彼の顔はほとんど泣いていた。しかし、病気を笑い飛ばそうとするイノマーの見せ方に峯田は付き合った。ライブが始まるとわざと遠慮のない接し方を貫くのだ。

峯田   「今から言っとくとさ、10月にあるじゃんイベント。あん時にアンタいねえよ、もう」(峯田)
イノマー 「あと1カ月なのに(笑)?」

 切なく悲しい顔になるのはイノマーと距離をとった時だけ。病人に対するいかにもな態度を峯田は決してとろうとしなかった。

峯田   「アルバムね、レコーディングしてるんすよ。聴かせたいから早くやんないとね。聴かせたいんだよなあ」
イノマー 「いつくらいに出せそうなの?」
峯田   「来年の2月か3月かな」

 2020年10月に銀杏BOYZがリリースした『アーメン・ザーメン・メリーチェイン』は、峯田がイノマーを思って作った曲。そこには「ぼくが生きるまで きみは死なないで」という歌詞がある。

12345

『家、ついて行ってイイですか?』命を使い切り、最期もキメて逝ったイノマー「余命は俺が決める」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 トランプ支持を表明するケーダブシャインは、バイデンをどう評価しているのか。また...
写真