日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > NHKは長谷川博己を今後も重用

『麒麟がくる』明智光秀“生存エンド”の理由 波乱の1年をへて、NHKは今後も長谷川博己を重用か

文=日刊サイゾー

『麒麟がくる』明智光秀生存エンドの理由 波乱の1年をへて、NHKは長谷川博己を今後も重用かの画像1
番組公式サイトより

 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』が7日最終回を迎えた。最終回は「本能寺の変」をテーマに、謀反を起こした明智光秀が織田信長を討つシーンがハイライトに。歴史上では、「三日天下」と呼ばれ信長を討った明智光秀は山崎の戦いに破れ、落ち武者狩りに遭い命を落としたとされる説が根強いが、今回のドラマでは死亡シーンは描かれず、「生存の可能性」を示唆して幕を閉じた。

 実際、「落武者となった明智光秀は姓名を変えて生き延びていた」「徳川家康の幕僚として活躍した僧の天海が実は光秀だ」といった説もあるため、今回はそうした説を加味したものになったようだ。NHKの関係者はこう語る。

「今回の大河ドラマの裏テーマは『教科書で習った歴史を裏切っていく』というものだったと思いますよ。その証拠に、織田信長や豊臣秀吉のキャスティングを従来のイメージから離れた俳優にしています。シャープな顔立ちのイメージで“二枚目俳優”が演じることが多かった信長を、個性的な顔立ちの性格俳優・染谷将太に、“さる”や“ハゲねずみ”のニックネームの印象が強い秀吉を渋い俳優の佐々木蔵之介に演じさせたことで、教科書で習った歴史やこれまでの時代劇で描かれてきた歴史とは違った見方を提示しましたよね。それもこれも『光秀生存エンド』という展開を描くための伏線でもあったんでしょう」

「本能寺の変」を新たに描き直した『麒麟がくる』。一時は視聴率低迷にあえいだが、今年に入りV字回復を見せており、最終回も視聴者からの反応は概ね好評のようだ。そして何より、制作サイドはかつてないほどの万感の思いで最終回を見届けたという。

「『麒麟がくる』はとにかく波乱続きでした。昨年1月からスタートした本作ですが、メインキャストの沢尻エリカが薬物使用で逮捕され、撮影した素材はすべておじゃんに。撮り直しを余儀なくされ、番組スタートが10日以上も遅れるという前代未聞の始まりでした。その後、新型コロナウイルス感染拡大で再び撮影がストップ。結局当初の予定になかった“越年放送”が決定し、撮影も1月までかかったんです。NHKにとっては、史上最も波乱ずくめだった作品として一生忘れられない一作になったでしょう。クランクアップ時には、主演の長谷川博己さんとスタッフは本当に疲弊しきっていたとか(苦笑)。ただ、それでも最後まで力を尽くしてくれた長谷川さんにNHKは大変恩義を感じているようで、今後も重用されることは間違いないです。もしかしたら数年後、長谷川さんがが再び大河主演に登板するなんていうウルトラCもありえますよ」(同)

 さまざまなトラブルを背負うはめになった長谷川だが、そのおかげで役者としての箔がついたのは言うまでもない。今後もオファーは絶えることなく、引く手数多だろう。まさに、今回の作品が長谷川にとっての「麒麟」になるのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/08 08:00

『麒麟がくる』明智光秀“生存エンド”の理由 波乱の1年をへて、NHKは今後も長谷川博己を重用かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

菅首相長男、違法接待の罪と罰

今週の注目記事・第1位「菅長男『違法接待』本...…
写真
インタビュー

押井守“原案”の映画『ビューティフルドリーマー』 公開!

 押井守監督らが参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1...
写真