日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > R-1決勝に3人送り込んだ!マセキ芸能

R-1決勝に3人送り込んだ! ネタで評価を上げるマセキ芸能社の芸人たち

文=日刊サイゾー

R-1決勝に3人送り込んだ! ネタで評価を上げるマセキ芸能社の芸人たちの画像1
『R-1グランプリ2021』(公式サイトより)

 ピン芸人日本一を決定する『R-1グランプリ2021』。その決勝戦(カンテレ・フジテレビ系3月7日夜7時放送)に進出した9人の芸人が発表された。

 今年から芸歴10年以内というエントリー条件が設けられ、一気にフレッシュになった決勝進出メンバーは、ZAZY、土屋、森本サイダー、吉住、寺田寛明、かが屋 賀屋、kento fukuya、高田ぽる子、ゆりやんレトリィバァ。さらに準決勝敗退者による復活ステージ1位が加えられ、10人で戦うこととなる。

 今回のR-1グランプリで注目すべきは、決勝進出者たちの所属事務所だ。その内訳は、吉本興業からZAZY、kento fukuya、ゆりやんレトリィバァの3組、マセキ芸能社から寺田寛明、かが屋 賀屋、高田ぽる子の3組、プロダクション人力舎から土屋、吉住の2組、松竹芸能から森本サイダーとなっている。

「お笑い賞レースでは、やはり吉本勢が圧倒的に強く、続いて人力舎、ナベプロなどが続くというパターンが多い。でも、今回はマセキ芸能社から3人も決勝に進んでいます。ここ最近のマセキの好調ぶりがうかがえますね」(中堅芸能事務所関係者)

 マセキ芸能社といえば、ウッチャンナンチャン、出川哲朗、バカリズム、ナイツ、狩野英孝らが所属するお笑い事務所。東京のお笑い界では老舗である。

「どちらかといえば、渋いイメージがあるマセキですが、実はネタが高く評価される芸人が多い。それこそ、バカリズムやナイツなどもそうですが、そこに続いているのが、かが屋でしょう。その一方で、出川哲朗、狩野英孝、三四郎 小宮など、リアクションやいじられキャラとして活躍する芸人も多い。あらゆるジャンルで活躍できる芸人を取り揃えている事務所と言えます」(同)

 マセキ芸能社には、R-1グランプリだけでなく、ほかのお笑い賞レースにおいても、期待される芸人たちが多い。

「『キングオブコント』では、ジグザグジギーやパーパーといったところが過去の決勝戦に進んでいますが、次に行きそうだと言われているのはサスペンダーズというコンビです。東京03の飯塚さんが太鼓判を押すコント師として注目です。漫才のほうではカナメストーンというコンビが勢いに乗っています。昨年のM-1グランプリでは準々決勝まで行きましたが、今年は決勝もあるのではないかと言われています」(構成作家)

 賞レースを席巻することとなりそうなマセキ芸能社。お笑い界の勢力図も大きく変わるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/18 07:00

R-1決勝に3人送り込んだ! ネタで評価を上げるマセキ芸能社の芸人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真