日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > プロ野球、内部事情がダダ漏れに…

プロ野球、新型コロナ禍のキャンプで気が緩みまくり! 内部事情がダダ漏れに…

文=日刊サイゾー

 新型コロナウイルス感染拡大の影響のため無観客で運営されているプロ野球の春季キャンプ。関係者は想像以上に窮屈な思いをしながら日々を過ごしているようだ。

 例年通り2月1日にキャンプをスタートさせたが、いつものような歓声は全く聞こえない。プロ野球OBがその異様さを語る。

「とにかく選手や球団関係者の雑談が丸聞こえです。普段は雑音も多いので報道関係者や球界OBもあまり気づかないのですが、ファンがいなくて気が緩んでいるのと、マスクを着用してメイングラウンドや室内練習場に移動するものだから、モゴモゴして何を言ってるか分かんない。そのため、大声で話してしまったり遂にはマスクを外して話し始める選手もいます。定期的なPCR検査を実施しているとはいえ、集団生活しているのだからクラスター感染したらひとたまりもない。離れて見ていても怖さを感じます」

 キャンプを連日報じるマスコミにも影響は出ている。2月11日、12日には東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプを中継していたCS放送局の制作スタッフが、簡易のPCR検査で陽性になり放送が休止。当初は「会社都合」と公式ツイッターで発表したためネット上では「金返せ!」などと書き込まれたが、後に事実関係を公式サイトに掲載。病院での確定診断では陰性だったため、スタッフを総入れ替えして13日より放送を再開させた。

 スポーツ紙プロ野球デスクは「今回はたまたま楽天でしたが、どこのキャンプ地の報道陣がいつ、陽性になるかわかりませんから気が気じゃない。広島カープの担当メディアは球団より一切の外食を禁止、テイクアウトのみ許可される徹底ぶりですが、他の球団を取材するメディアはそこまでやっていませんから。それでもさすがに会食は控えているようですね」と事情を語る。

 残り半月、プロ野球各球団や担当メディアは無事、完走できるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/18 22:00

プロ野球、新型コロナ禍のキャンプで気が緩みまくり! 内部事情がダダ漏れに…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真