日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > TBSのさんまとマツコの再タッグ結成番組

TBSのさんまとマツコの再タッグ結成番組、なぜゴールデン帯ではなく日曜午後6時半なのか?

文=田中七男

TBSのさんまとマツコの再タッグ結成番組、なぜゴールデン帯ではなく日曜午後6時半なのか?の画像1
写真/GettyImagesより

 TBSが今春の改編で新バラエティー番組『週刊さんまとマツコ』(日曜午後6時半~)の放送を開始することがわかった。

 マツコ・デラックスは2020年9月に、それまで10年出演していた明石家さんまの番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)を降板したため、2人の間には“不仲説”もささやかれていたが、今回の再タッグ結成でそれを一掃した格好だ。

 そこで気になるのが、日曜午後6時半という放送時間だ。高視聴率タレントである、この2人の番組ならゴールデン帯にもっていった方が視聴率も獲りやすいとも思えるが、なぜこの時間帯なのか?

 もともと日曜夜は、『笑点』から続く並びで、日本テレビが絶対的な強さを見せて、他局の追随を許さなかった。ところが、山口達也の不祥事によるTOKIO脱退で『ザ!鉄腕!DASH!!』が視聴率降下。さらに、祭り企画のヤラセ騒動で『世界の果てまでイッテQ!』も視聴率が下落した。そんな中、テレビ朝日の『ポツンと一軒家』が急浮上して、午後8時台で日テレから逆転。それにつられるように、前番組の『ナニコレ珍百景』も数字を上げて、現在は日テレより優位な状況。そして、4月からは午後6時からの30分番組だった『相葉マナブ』を1時間枠に拡大し、同時間帯の強化を図る。

「TBSの日曜夜は、固定のドラマファンをもつ午後9時台の『日曜劇場』を除き完全な負け組でした。ところが、ここに来て、『坂上&指原のつぶれない店』(午後6時半~)が安定して、そこそこの数字を獲るようになり、『バナナマンのせっかくグルメ』(同8時~)は2ケタを獲る回も出てきました。こうなってくると、午後6時台をてこ入れして、縦のラインを強化すれば、テレ朝や日テレと十分闘えると見ているようです。そこで、『つぶれない店』を同7時からに縮小して、同6時半に、切り札とも言える『さんまとマツコ』を投入して、その後の番組も数字を上げようとの思惑があるんでしょう。だからこそ、同番組はゴールデン帯ではなく、6時半なんです」(テレビ制作関係者)

 とはいえ、日曜午後6時台では、『真相報道バンキシャ!』(日テレ系)が15%前後(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)の高視聴率をガッチリキープ。『サザエさん』(フジテレビ系)も10%前後をマークしており、テレ朝は『相葉マナブ』の拡大でてこ入れを図るし、強力なライバルが多い。TBSとしては、『さんまとマツコ』の放送開始をきっかけにテレ朝、日テレの視聴率争奪戦になんとか割り込みたいところだろう。

田中七男

最終更新:2021/02/20 19:00

TBSのさんまとマツコの再タッグ結成番組、なぜゴールデン帯ではなく日曜午後6時半なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真