日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 『ラップスタア誕生』唯一の女性ファイナリスト

『ラップスタア誕生』唯一の女性ファイナリストが吐露した壮絶な人生とラッパーとしてのアイデンティティ

文=渡辺志保

ラップを始めたのはわずか2年ほど前…一気にスターダムへ

 最初に麻凛亜女がバズったのは、彼女が前述の『ラップスタア誕生』のオーディション用に送った映像がツイッター上で公開されたタイミングだった。山積みにされたCD、そして積み重なる洗濯物の山と、無造作に置かれた幼児用の椅子。「訳あり物件みたいなオンナ」「前の旦那に殴られ折れた歯はそのまま」「ベッド以外で縛んな」と速めのフロウでハードなパンチラインを繰り出す。溢れ出す生活感と彼女が歩んできた壮絶な過去が滲み出、あまりに多くのことを物語る映像だった。

 同番組のファイナリストに残るほどの実力を示しながらも、麻凛亜女がラップを始めたのはわずか2年ほど前のこと。そのきっかけを「自分の気持ちをアウトプットする方法として、ラップがあった」と語る。

 「(番組では)ラッパーというよりもシングルマザーというイメージが先行しちゃって。真面目に話しているシーンもあったのに、ふざけている部分だけが切り取られて放送されることもあった。そうやってイメージを植え付けられれるのがすごく嫌で、窮屈だなと思う瞬間もありました。でも、途中でやめるのはダサいし、とにかく息子にかっこいいと思ってもらえるためにやりきろう、という気持ちで臨みました」と、その時の心境を打ち明けてくれた。そんな彼女が決勝ステージで披露した楽曲は、息子をテーマにしたものだった。

麻凛亜女 本番の2日前にやっと書けたんです。ずっとリリックが浮かんでこなくてどうしようと思っていたんですけど、朝5時くらいに息子の寝顔を見ていたら、”この子のことを書けばいいか”って。

 歌詞の中には、母親らしい言葉がいくつも並ぶ。その中で、自身も1歳になる息子を持つ筆者の胸にも深く響いたのが〈36度8分〉という何気ないフレーズだ。

麻凛亜女 毎朝、保育園や幼稚園で絶対に子どもの体温を測るじゃないですか。お母さんだったら共感してくれるんじゃないかなって思ったんです。あえて、そういうことを書きたかったんですよね。

 生活に密着した子どもとの触れ合いを感じさせるフレーズだった。周りがなんと言おうと、麻凛亜女は満たされた母親だ。

麻凛亜女 別れた夫がもともとビートメイカーもやっていた。養育費を払ってくれているわけでもないので、だったら、タダでレコーディングできる環境をよこせと言って、彼の力を借りながらレコーディングできるようにしたんです。前の夫とこんなふうに協力することに対して、理解できないと言われることもある。でも、こうやって2人で協力しながらラップで稼げるんだったら、これが息子に対する2人からの償いになるんじゃね?って思うんですよ。

 今の麻凛亜女には、リリース作品もライブ経験も、数えるほどしかない。逆に言えば、これからの活動には伸びしろしかないということだ。

麻凛亜女 ラッパーとして、もっと場数を踏みたいですね。今年中に、EPとアルバムを出します。あとは絶対バズりに行くんで、その準備をしようと思っています。今はまだ35%くらいの達成率だから、半分にも達していないので。

『ラップスタア誕生』唯一の女性ファイナリストが吐露した壮絶な人生とラッパーとしてのアイデンティティの画像3

[プロフィール]
麻凛亜女(まりあな)
1994年、フィリピン生まれ茅ヶ崎育ち。幼い頃からブラックミュージックを聴き始め、カリフォルニアへ移住。帰国後は横浜でクラブDJとして活動し、結婚と出産、離婚を経験。以後、ラッパーとしての活動もスタートさせ、2020年に開催された『ラップスタア誕生』シーズン4にてファイナリストまで勝ち残る。
Twitter〈@ganja_alice420〉
Instagram〈budgirl_mariana420

 

最終更新:2021/03/01 19:00
12

『ラップスタア誕生』唯一の女性ファイナリストが吐露した壮絶な人生とラッパーとしてのアイデンティティのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

土方歳三、残虐すぎて映像化不可能な人間性

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

『神カル』新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「新型コロナウィルスを前代未聞の脅威たらしめている理由のひとつは、その『秘匿性』にあ...
写真