日刊サイゾー トップ > インタビュー  > Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

「070の意味わかるやろ?」関西ラップ“DIRTY KANSAI”の若頭Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

文=宮崎敬太

 


 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル=トラップ。近年、Jin DoggやYoung Yujiroらが率いる大阪のレーベル〈HIBRID ENTERTAINMENT〉は、その関西版のムーブメント“DIRTY KANSAI”を巻き起こしてきたが、同レーベルの若頭というべき人気ラッパーがYoung Cocoである。

 先頃リリースした新しいアルバム『NOT REGULAR』を色で表現するなら、ニュートラルなグレー。ダークで危険な黒い世界と、ポジティブなマインドで音楽制作に邁進する白い世界を、シームレスに行き来するような内容に仕上がっている。もちろん、Young Cocoのトレードマークであるオートチューンをかませた、悲しげで美しいメロディアスなラップも健在だ。ただ、メディアでそのバックグラウンドが掘り下げられることは、あまりなかったように思う。そこで今回、彼のルーツやキャリアを探りつつ、新作に込めた想いを語ってもらった。

 

Young Coco『NOT REGULARDeluxe)』(HIBRID ENTERTAINMENT)

 

 

WILYWNKAとの出会いと、荒れ狂った高校時代

――中学生の頃から大阪のラッパーであるWILYWNKAさんと友達だったんですよね?

Young Coco(以下、YC) はい。自分はもともと、父親の影響で2歳くらいからサーフィンをやっていたんですよ。その流れで小学生の頃からだんだんスケボーに興味が出てきて。ただ、小さい頃から痙攣を持っていて、頭を打っちゃうとヤバかったみたいで、スケボーは親に禁止されていたんです。でも小5のとき、たまたま近所の公園のドブにボードが落ちていて、それを拾って親に内緒でスケボーを始めました。そこからYouTubeでスケボーの動画を観るようになったんですけど、DGKってアメリカのチームのビデオでかかってたヒップホップに興味が出てきて、本格的に聴き始めました。最初は、ウェストサイド・コネクション、アイス・キューブ、エミネムとか。YouTubeの動画をMP4に変換して落として、クリスマスに親に買ってもらったiPodでずっと観てました。

――WILYWNKAさんも中学時代にスケートをやっていたと話していました。

YC 俺がヤツと会ったのは、中学2年か3年のとき。地元である神戸の西宮にはヒップホップを聴いてスケボーやっているヤツなんて全然いなかったから、ダボダボの服を着ていたりすると、めっちゃバカにされたんですよ。で、あるとき知り合って、同い年だったからすぐに仲良くなって、大阪や神戸で一緒にスケボーしていましたね。遊びで自分たちのクルーに名前をつけたり。そこからお互いに音楽をやるようになって、HUSH PLANTというチームを組んだりもしました。

1234

「070の意味わかるやろ?」関西ラップ“DIRTY KANSAI”の若頭Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

前代未聞の対決を描いたU-NEXT配信作品3本

 コロナ過の中、今年のGWは3度目の緊急事態...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真