日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 草彅剛の初受賞で状況が一変『日本アカデミー賞』

草彅剛の映画賞初受賞で状況が一変するか…『日本アカデミー賞』芸能界“忖度”からガチンコへ?

文=日刊サイゾー

草彅剛の映画賞初受賞で状況が一変するか…『日本アカデミー賞』芸能界忖度からガチンコへ?の画像1
映画『ミッドナイトスワン』公式サイトより

 在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成された東京映画記者会が主催する映画賞「第63回ブルーリボン賞」の各賞が先ごろ発表され、主演男優賞は『ミッドナイトスワン』の草彅剛が初受賞を果たした。

 各紙に草彅のインタビューが掲載されたが、個人として主要映画賞の栄冠に輝くのは今回が初めて。「やりましたね! サンキューベリーマッチョです」と素直に喜んだという。

 また、いずれもすでに天国に旅立ってしまった、2012年公開の『あなたへ』で共演した主演の高倉健、17年のフジテレビ系『嘘の戦争』などで共演した大杉漣には「俳優として助けていただいた先輩で、今回の受賞を報告したい」と感謝の言葉を口にしている。

 草彅のインタビューを受け、大杉の息子で写真家の大杉隼平は自身のツイッターで、「草彅剛さんおめでとうございます!! 父も喜んでいると思います。父を想って下さり本当にありがとうございます!!」と祝福のツイートをつぶやいた。

「かなりの難役であるトランズジェンダーの役をリアルに演じたが、SMAP時代だったらおそらくオファーを受けなかったような作品。俳優として何の気負いもなく全力を尽くすことができたようで、初の映画賞戴冠となった」(映画ライター) 

 とはいえ、この結果を受け、業界内は騒然としているいという。

「年明けに各部門のノミネートが発表されたが、草彅と同じ主演男優賞には『浅田家!』の嵐・二宮和也がノミネートされていた。年末の音楽賞レースとは違って、ブルーリボンの審査はかなり“ガチンコ”だと聞いているが、ジャニーズへの忖度もなく、草彅が選ばれるとは思わなかった。これで『日本アカデミー賞』をめぐる状況が一変したと我々は見ています」(映画業界関係者)

 草彅と二宮は、3月19日に都内で授賞式が行われる「第44回日本アカデミー賞」でともに優秀主演男優賞を受賞。当日発表される最優秀主演男優賞の座を争うことになるのだが……。

「当初、草彅と二宮のどちらかが選ばれると角が立つので、2人以外に優秀賞を受賞した佐藤浩市、小栗旬、菅田将暉のいずれかが最優秀賞に輝くと思われていた。ところが、中継する日テレはジャニーズとベッタリ。二宮を“無冠”に終わらせるわけにはいかないので、二宮に花を持たせるのではと言われている。そうなったら、草彅サイドからしたら由々しき事態になりそうだが」(同)

 元ジャニーズの先輩・後輩対決ということもあり、例年以上に注目されることになりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/01 20:00

草彅剛の映画賞初受賞で状況が一変するか…『日本アカデミー賞』芸能界“忖度”からガチンコへ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真