日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > テレビ局、菅首相「称賛」の深い理由

テレビ局、大きな声では言えない菅首相「称賛」の深い理由

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

テレビ局、大きな声では言えない菅首相「称賛」の深い理由の画像1
写真/GettyImagesより

 新型コロナウイルス感染拡大への対応や東京五輪・パラリンピックの開催可否に関するスピード感を持った対応ができず厳しい世論にさらされている菅義偉首相だが、意外にもテレビ局関係者からは「助かっている」と意外な声があがっている。

 一連の対応については日々、ワイドショー番組を中心に批判的な展開が多く目立っており「視聴率もそこそこ取れている。関心が高い話題ですし生活にも直結する。まだまだ取り扱いは続くと思う」と話す。

 だが、喜んでいるのは制作スタッフだけではない。コロナ禍でCM出稿が一時、激減していた営業セクションの関係者たちは「新型コロナ感染拡大が本格化する前の昨春よりも調子はいいかもしれない」と明かす。

「昨年12月から今年1月かけてもCM枠が完売状態のテレビ局は多かった。割引もしているので売り上げは“爆上げ”まではいっていませんが、それでも一時期の酷さは脱したとみています。今、調子がいいのは政府が携帯電話事業にメスを入れたことが一番大きいですね。大手3キャリア本体のCMはもちろんのこと、格安スマホブランドをそれぞれ立ち上げた。春は学生、社会人が新たなステージで活動する時期で購買意欲も湧く。年度末にもあたるので、予算消化でCM出稿してもらえるIT系クライアントを中心に意外と多い。今後もしばらくはこの流れが続きそうです」(同)

 また、業種によっての格差も生まれており「アルコール関係を扱う飲料メーカーはやはり調子がよさそうですね。コロナ禍の巣ごもり消費で酒類の売り上げが好調ですから。冷凍食品も同様です。一方で飲食店関係のCMはやはり見なくなりました。1都3県について政府は緊急事態宣言延長を示唆しており、さらに影響は大きくなりそう。この分野の出稿は今後も減るでしょうね」(同)

 それでも金のなる木を作ってくれた菅首相に容赦しないあたり、さすがは「鬼のテレビ業界」の怖さなのかもしれない。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/03/06 17:50

テレビ局、大きな声では言えない菅首相「称賛」の深い理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真