日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > おぎやはぎ、加藤浩次に言及

おぎやはぎ『バイキング』、加藤浩次の吉本との契約終了に言及「いよいよ干されるのか」「そりゃ潰しますよ」

文=日刊サイゾー

『バイキングMORE』フジテレビ公式サイトより

 3月9日、極楽とんぼ・加藤浩次と吉本興業のエージェント契約が3月末で解消されると発表されたが、これについて10日の『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤自ら説明。当初は3月の更新時に更新するつもりだったというが、吉本興業側から「契約延長しない」と言われたため、双方の合意をもって契約を解除したと報告した。

 もともと吉本興業の芸人が“闇営業問題”を起こした際、加藤が吉本興業の対応を自身がMCを務める『スッキリ』で猛批判したことを発端に「加藤の乱」と呼ばれる騒動が勃発。一旦は、エージェント契約を結ぶということで落ち着いたが、このとき加藤が「大﨑会長が辞めないなら俺は吉本を辞める」と宣言していたとおり、3月をもって吉本を離れることになった。

 同日の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、芸人になる前から加藤と知り合いだというおぎはやぎ・矢作兼が「いよいよ芸能界干されるのか~と思って、今」と心配そうにコメント。相方の小木博明から「干すことはないと思うけども。それを言わないで、干さないから」と言われると、「心配になっちゃうけどね。怖いでしょ。だって、芸能界ってそういうのあるでしょ」と発言。一方で、「今の関係性上、お互いにメリットないもんね。そりゃこうなるよね、だって」と吉本側にも理解を示した。

 また、小木は「いらないですよね、本当に。お互いにメリットない」「(以前)自分でやめるって言ってるんだから、(上は)体制変わってないわけだから『辞めろ』ってなるし」とコメント。“ラーメン屋ののれん分け”にたとえ「(加藤は)同じ看板を背負ってお店を開いて独立して、その分、のれん代を渡すじゃないですか。で、結局、加藤さんはどんどん味を変えていってるんですよ。自分の好きなようにやって、上にも反旗を翻して。もう上の言うことも聞かない。そうなったら上も怒りますよ」と解説し「そりゃ干しますよ、これから。そうなりますよ。いきなりライバルになるわけですから。自分よりウマいラーメン作ってるってなるんだったら、そりゃ潰しますよ。」と続けた。

 これに矢作は「もう勝つしかない、勝つしかないよな」とエールを送り、坂上忍も「干す干さないは別として、加藤君がこれからどれだけ頑張るかってことだと思いますよ」とコメントした。

「もともと、加藤が招いたことだけにネット上では『まぁ当然の流れかもね』『歯向かってくる人を置きたくはないよな』という声も見受けられますが、一方で『会社のために助言したのに気に入らないからって切るなんて、吉本の株がさがるだけ』『ますます吉本離れが進みそう』との声もあがっています。とはいえ、おぎやはぎの2人がハッキリと芸能界の闇に触れたことについては『みんなが触れられないことにツッコんでてめっちゃスッキリした』『これが今の芸人たちの本音なのかもね』といった声があがっていました」(芸能ライター)

 加藤は4月からも『スッキリ』に出演するとのことだが、すでにレギュラー番組『スーパーサッカー』(TBS系)と『この差ってなんですか?』(TBS系)の番組終了は決定。表立っては視聴率が厳しいということになっているが、やはりエージェント契約解消の影響が多少ならずともありそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/07/06 18:16

おぎやはぎ『バイキング』、加藤浩次の吉本との契約終了に言及「いよいよ干されるのか」「そりゃ潰しますよ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真