日刊サイゾー トップ > 芸能  > 中居正広『音楽の日』で“ハプニング”発生!

中居正広『音楽の日』でスタッフミスの“ハプニング”発生! Kis-My-Ft2も大混乱の展開に…

文=日刊サイゾー

中居正広『音楽の日』でスタッフミスのハプニング発生! Kis-My-Ft2も大混乱の展開に…の画像1
『音楽の日』公式サイトより

 3月11日放送の中居正広と安住紳一郎アナウンサーが司会を務める音楽特番『音楽の日』(TBS系)にKis-My-Ft2が出演。生放送での歌唱披露前のトークで、北山宏光と宮田俊哉がハプニング的なやり取りを見せる場面があり、話題となっている。

 この日の放送は宮城県の宮城セキスイハイムスーパーアリーナを会場に夜7時から11時までの生放送。Kis-My-Ft2は7時台での出演で楽曲「Everybody Go」「負けないで」の2曲を披露したが、曲に行く前に1分ほどのトークの時間が設けられた。

 中居が「Kis-My-Ft2の皆さんは震災があった2011年にデビューということで、(結成)10年なんですね。こちらの場所、東北への思いはいかがでしょうか?」と質問すると、北山が後方左にいた宮田に「宮っち」と囁くような声でトークを促した。すると宮田は「えっ! 僕? あ、そうですね…… 」とドギマギした様子を見せ、すかさず中居が「一回止めまーす。なんすか今の『え? 俺がしゃべんの? お前がしゃべんの?』」とツッコミ。

 すると宮田が「最初、北山さんがしゃべるって言ってたから、そうなのかなと見てたら『宮っち』って言ってたから」と弁明し、北山も前方を指差したりスタッフが何かを説明する声が入ってくるなど、どうやら番組制作サイドが何らかの指示を北山に出したことが見て取れる展開に。

 生放送ならでのハプニングが起こる中、千賀健永も北山をフォローするように「たぶんなくなっちゃうからコメント、そのまま宮っちの…」と中居に説明し、北山も「なんか話がたぶん、シンクロって感じかなと思ったんですよね」と宮田にトークを譲った理由を説明。すると中居は「え、横尾? ここ横尾?」と一番端にいた横尾渉をイジるなど、普段仲が良いからこそのボケをかましてみせ、横尾が「僕ですか!?」と驚くというオチがついたところで安住アナから「それでは歌の準備を……」という指示が。

 要は、まとめると、北山が話すはずが、スタッフの指示で宮田になり、メンバー全員が混乱してしまったようだ。

 全然トークできないままに曲に入ることになったメンバーたちが「ちゃんと歌を届けられるよう頑張ります!」と決意表明すると、中居は「ちゃんと届けてよ! 音楽の日、レギュラー(出演)なんだから!」とハッパをかけていたのだった。その後、Kis-My-Ft2は歌を披露したものの、2曲目の「負けないで」のラストで二階堂高嗣が「震災から10年が経ちました。まだまだ僕たちもできることがたくさんあると思います。みんなで支えあって助けあって、これからも頑張っていきましょう!」とエール。無事にKis-My-Ft2からのメッセージを送ったところで、ステージは終了したのだった。

 この曲前のトークについて、ネットでは「北山さんが代表で話す予定だったけど、カンペに『宮田さんで』ってあったのかな?」「最初のトークはみっくんきっと時間の関係で宮っちに譲ったんだよね」「何かを察してすぐ助けてくれる中居さん、ありがとう」「最後のニカちゃんの挨拶良かったよ」などといった推測や感謝の声が続出。

「Kis-My-Ft2といえば中居がジャニーズ事務所の後輩の中でも特に目をかけたグループということで知られており、退所後、中居が自らのラジオ番組でKis-My-Ft2全員からの退所祝いとして時計をもらった話を披露したこともあるほどの仲です。今放送のジャニーズ枠はKis-My-Ft2しかありませんでしたし、久しぶりのわちゃわちゃを喜んだファンは多かったと思いますよ」(芸能ライター)

 生放送のハプニングという場でも、中居とメンバーたちの仲の良さを確認することができて喜んだファンは多かったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/13 07:00

中居正広『音楽の日』でスタッフミスの“ハプニング”発生! Kis-My-Ft2も大混乱の展開に…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

韓国ドラマの「少年ジャンプ」的必勝パターン

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真