日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 『美 少年』佐藤龍我が芸能活動再開

『美 少年』佐藤龍我が芸能活動再開も「バブちゃん」キャラはもう通用しない⁉

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

『美 少年』佐藤龍我が芸能活動再開も「バブちゃん」キャラはもう通用しない⁉の画像1
公式ウェブサイトより

 芸能活動を自粛していたジャニーズJr.内ユニット『美 少年』の佐藤龍我が3月9日から活動を再開した。

 佐藤は2020年12月の『文春オンライン』で、女優の鶴嶋乃愛との合鍵愛を報じられて活動自粛に。

「発覚当時は、King&Prince・岸優太&神宮寺勇太が座長を務める舞台『DREAM BOYS』に出演中で、新型コロナウイルスの感染に細心の注意を払わなければいけない状況。そんな舞台期間中に第三者の家に泊まるという行動に出たことで、キンプリファンから総バッシングを受けました」(芸能記者)

 ネット上では、佐藤の自粛期間が短かったことで、ジャニーズファンから不満の声が聞かれている。

「同じくJr.内ユニットの『HiHi Jet』は、メンバーの橋本涼と作間龍斗が19年に寝顔写真が拡散され、未成年飲酒疑惑まで浮上した際には4カ月間の活動停止処分が下っています。しかし、佐藤はわずか2カ月半。しかも、橋本&佐間と違って、佐藤は自粛期間中も『ザ少年倶楽部』(NHK)での出演シーンがカットされず、雑誌にも登場していたため、自粛していたという感じもしなかったことで、HiHiファンは『この差は何?』と納得がいかない様子です」(前出・芸能記者)

 一方、復帰しても佐藤にはある難題が待ち構えていそうだという。女性誌ライターが言う。

「佐藤は身長178センチとグループきっての長身ですが、言動や表情が赤ちゃんっぽいので、ファンからは『赤ちゃん』『バブちゃん』と呼ばれています。これまで『合法ロリ』的な見た目のギャップや“年齢のわりに幼い感じ”を売りにしてきていましたが、お泊り愛が発覚したことで、そのキャラが通用しなくなるでしょう」

 パフォーマンスでは歌のパートが多く、センターに来ることも多かった佐藤だが、しばらくは端っこのポジションで今後のキャラを模索する時間が必要そうだ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/03/14 21:00

『美 少年』佐藤龍我が芸能活動再開も「バブちゃん」キャラはもう通用しない⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真