日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 今田耕司「ダウンタウンは俺含めた3人組やと思ってた」

今田耕司「ダウンタウンは俺含めた3人組やと思ってた」過去を語る ” あの頃”のお笑い界にオードリー大喜び

文=日刊サイゾー

今田耕司、「ダウンタウンは俺含めた3人組やと思ってた」過去を語る あの頃のお笑い界話にオードリー大喜びの画像1
テレビ東京『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』公式サイトより

 23日深夜放送のテレビ東京『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』に今田耕司が登場。尖っていた若手時代について語った。

 オードリーの若林正恭と春日俊彰が「BIGゲスト」「我々の学生時代からのレジェンド」「緊張する」とオープニングトークで盛り上がる中、今田は呼び込まれる前に登場。オードリーの二人がびっくりしていると「いや~、ハードル上げすぎ」と一言目から笑いを取った。

 放送では、今田は自身が若手だった頃を「恥ずかしいくらいとんがっていた」と振り返った。

 1993年に始まった「殿様のフェロモン」で同じMCとして共演した中山秀征のことを、プロデューサーから「秀ちゃんと呼びなさい」と言われても、「中山くん」と呼んでいたと明かし、その理由について今田は「だって仲良くないじゃんと思ってしまった」と説明、あの頃の自分にビンタしたいと恥ずかしがっていた。

 その当時は番組スタッフ側には派閥があり、ライバル同士のグループが各週を担当していて、お互い相当意識し合っていたそう。

 今田はお世話になっているプロヂューサーとの食事会で「このチームの若手代表で行くんだよ」というメッセージを暗に受けとりそれを“油紙に包まれたなにか”に例えた。わかりましたと懐に収め、今田は中山やナイティナイン、極楽とんぼなどの出演者を撃つつもりで番組に臨んでいたと、両手を拳銃の形にして身振り手振りで楽し気に話した。

 また22歳の頃からテレビで活躍している今田に、若林は苦しかった時があるのか質問。

 今田はダウンタウンが東京進出して仕事が0になったことを上げた。ダウンタウンと今田の3人で東京に呼ばれて仕事をしていたこともあり、勘違いして「俺イタイから、ダウンタウンって俺含めた3人組やと思ってた」と、衝撃の発言をしスタジオを笑わせた。

『Wコウジ』として一緒に活動することが多かった東野幸治については、大学には女の子と楽しく飲むコンパというものがあると知り、コンパしたいんで大学行きますと吉本を辞めたことを明かした。「だから吉本辞める先駆けよ、すぐ辞めるんやから」と最近の吉本事情とかけて笑いをとった。

 今田は来週の放送にも出演。若手芸人が患いがちな『ダウンタウン病』や司会を務める『M-1グランプリ』の裏側について、話す予定とのことだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/25 18:00

今田耕司「ダウンタウンは俺含めた3人組やと思ってた」過去を語る ” あの頃”のお笑い界にオードリー大喜びのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

菅義偉首相“五輪強行”の思惑は

今週の注目記事・第1位「台本11冊を入手、開...…
写真
インタビュー

能條愛未のキャリアを深掘りして見えてきたもの

 新宿・紀伊國屋ホールの改修後、演劇公演第一弾となる『新・熱海殺人事件』。これまで紀...
写真